変更履歴を反映する

変更履歴は「仮保存」の状態です。また、コンフリクトが発生してどちらかの内容を反映した場合も「仮保存」の状態です。したがって、どちらもブックへ完全に反映されていません。これらの変更履歴を反映するには、「校閲」タブ→「変更履歴の記録」→「変更箇所の確認」をクリックします。
「校閲」タブ→「変更履歴の記録」→「変更箇所の確認」をクリック

「校閲」タブ→「変更履歴の記録」→「変更箇所の確認」をクリック



ここで、下図のような確認メッセージが表示された場合は、「OK」ボタンをクリックします。
※「OK」ボタンをクリックすると、ブックが保存されます。保存したくない内容がある場合は「キャンセル」ボタンをクリックして、その内容を修正したり、バックアップを作成したりしてください。

※「OK」ボタンをクリックすると、ブックが保存されます。保存したくない内容がある場合は「キャンセル」ボタンをクリックして、その内容を修正したり、バックアップを作成したりしてください。



表示された「反映する変更の選択」ダイアログボックスで、「変更日」や「変更者」、「対象範囲」を指定して「OK」ボタンをクリックします。すべての変更箇所を反映の対象とする場合は、これらのチェックをすべて外します。
「反映する変更の選択」ダイアログボックス

「反映する変更の選択」ダイアログボックス



すると、変更履歴があるセルが選択され、その変更履歴の内容が表示された「変更箇所の確認」ダイアログボックスが表示されます。「反映する」ボタンをクリックすると、変更履歴がブックに反映され、変更履歴がある次のセルへ移動します。「反映しない」ボタンをクリックすると、変更履歴を反映せずに変更履歴がある次のセルへ移動します。この2つのボタンで、変更履歴を1つずつ確認しながら操作できる、というわけです。
※「すべて反映する」ボタンや「すべて反映しない」ボタンをクリックすると、ブック内のすべての変更履歴がまとめて処理されます。<br>※ 途中で処理を中断したい場合は「閉じる」ボタンをクリックして、「変更箇所の確認」ダイアログボックスを閉じてください。

※「すべて反映する」ボタンや「すべて反映しない」ボタンをクリックすると、ブック内のすべての変更履歴がまとめて処理されます。
※ 途中で処理を中断したい場合は「閉じる」ボタンをクリックして、「変更箇所の確認」ダイアログボックスを閉じてください。