インターネットで仕事をゲットするのに有効なツールが仕事情報が掲載されている掲示板。仕事の依頼先を探している企業は、ここに仕事依頼のメッセージを掲載。仕事を探しているSOHOはこうしたメッセージを見て自分にあった仕事を見つけたら依頼主にアプローチする、というのが標準的なスタイル。多くのSOHO支援サイトがこの手の掲示板を備えており、ほとんどが掲載も閲覧も無料。実にシンプルです。

この掲示板をコンセプト的に少し押し進め、仕事を依頼したい人と、仕事を受注したい人を効率的に結ぶために様々な工夫がされているのがジョブマッチングサイトです。



従来の掲示板のほとんどが無料であるのに対し、ジョブマッチングサイトは有料が主流。使い方も掲示板より多少複雑なのでとっつきにくい感も否めません。そこで今回はいくつかのジョブマッチングサイトを比較しながら仕組みを解説し、上手な利用方法を考えてみることにします。

仕事を受注したい側として一番気になるのが、どのように案件を見つけ、どのようにそれを獲得するかということだと思います。ここではいくつかのジョブマッチングサイトを例にとって、仕事を受注する側から見た成約までの流れを見てみましょう。