もらって嬉しい年賀メール

謹賀新年2
相手に喜ばれる一言で印象づけましょう
それでは、もらって嬉しい年賀メールについてご紹介します。

・くじ付グリーティングメール。楽しみが増えました(ライター Iさん)
・大好きな曲が流れてきた時。仕事先の方だったけど自分の趣味を覚えていてくれて嬉しかった。(デザイナー Mさん)
・情報がたくさん盛り込まれていたので楽しめた(DTP Iさん)
・写真がついていたが、重くないよう処理されていた(入力 Hさん)

と、メールマナーを守りつつも、インターネット特有の良さを活かしたメールが喜ばれているようです。

ほか、
・大晦日の夜も仕事で、メールのやりとりをしていたら、何気なく最後に一言「一緒に年越しができて嬉しいです。今年も宜しくお願いします」と書いてあった。何となくやる気がでた。(デザイナー Uさん)

というご意見もありました。なるほど。

さて、ガイドも年賀状の準備にとりかかろうと思います。年賀メール、年賀状のエピソードがありましたら、どうぞお寄せください。
それでは良いお年を!

■関連リンク
相手に喜ばれる年賀メールの送り方
年賀状特集

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。