インターネット関連ソフトウェア

インターネットを利用するためには、SafariやMailといったソフトが標準で利用できますが、FTPへのアップロードするためには、別途専用ソフトを手に入れなければなりません。

また、特定のサイトの閲覧では専用のソフトを使った方がより便利に使うことができる場合があります。

RBrowser(アールブラウザ)

[ホームページ] http://www.rbrowser.com/
[ダウンロード] トップページ左側の「Downloads」をクリックするとダウンロードページに移動しますので、使用中のOSバージョンが書かれた文字直下の「RBrowser.xxx.dmg」をクリック(xxxはバージョン番号)

●解説
Mac専用の FTP ソフトウェアです。プロキシの設定が細かいのでCyberduckでは使えないような環境でも使えます。基本的には有料ですが、FTPのみで使う場合は無料となっています。サイトに接続したり接続設定を記憶するには、Go メニューの Site Manager… を実行します。
 
やや特殊なインターフェースですが、問題なく使えます

やや特殊なインターフェースですが、問題なく使えます(クリックで拡大)


なお、フリーのFTPソフトではFileZillaCyberduckというソフトもあります。特にCyberduckは日本語化されていてデザインや使い勝手は優れていますが、特定のプロキシサーバー環境では接続できない場合があります。


GraffitiPot(グラフィティポット)

[ホームページ] http://crystaly.com/graffitipot/mac/
[ダウンロード] トップページにある「GraffitiPot for Mac をダウンロード」をクリック
GraffitiPot

iOS向けに開発されたアプリですが、OS X向けにちゃんと作り直されています


●解説
2ch ブラウザです。もともとiOS向けに作られたものでデザイン性が高く、ブックマーク機能や既読数なども見やすくできています。


The Unarchiver(ザ・アンアーカイバー)

[ダウンロード] Mac App Store

インターネットでソフトなどをダウンロードしたとき、ファイルが「圧縮」されていることがあります。zipやdmgなどのファイルはOS Xの機能により開くことができますが、lzhなどの特殊な拡張子を持つファイルは開くことができません。このソフトはそういったダブルクリックしても開かないファイルを開くことができるソフトです。

→次は「システム関連ソフトウェア」の紹介