初めて書く3年生も、たくさん書いてきた4年生も、読んで欲しいエントリーシートの基本中の基本!

エントリーシート
※このページの上に、「印刷用ページへ」というボタンがあるよ。この記事を手元に置いて、エントリーシートを作成しよう
3年生にとっては、採用直結型インターンシップの正念場、4年生にとっては春の採用戦線を省みつつ、あらためてこれからの就職活動を気持ちを入れ替えて挑もうとしている時期だろう。

今までもエントリーシートの記事はたくさん書いてきた。今回はそのノウハウを1ページにまとめてみる。このページを是非プリントアウトして、手元に置いてエントリーシートに挑んで欲しい。

1.【ピッチャーの理論】企業が「求める力」を書く。

案外、この基本を理解していない学生が多い。もちろん、企業に合わせて自分を変える必要は無い。しかし、企業が「求める力」を無視して書く行為は、野球に例えれば、キャッチャーがサインを送っているのに、そこに投げないピッチャーみたいなものだ。そんな「相手の気持ちが読めない」学生の書いたエントリーシートが、通るわけないことをまず理解しよう。

2.【恋人弁当の理論】書くネタをレイアウトする。

例えば記入欄が「志望動機」「自己PR」「入社後やってみたいこと(インターンシップでやってみたいこと)」と3つあるとしよう。そしてその企業が「求める力」が「チームワーク」「創造力」の二つだとしよう。さて、どの欄にどの力をPRするべきか。例えば、君が「サークルネタ」「バイトネタ」の2本柱で書くとするなら、
  1. A.志望動機…サークルネタ(チームワークをPR)
  2. B.自己PR…バイトネタ(チームワークをPR)
  3. C.入社後やってみたいこと…サークルネタ(創造力をPR)
こんな感じである。恋人にお弁当を作る気持ちで考えてみればいい。入れる具は、恋人が好きな食べ物(企業が求める力)だ。でも全部「肉・肉・肉」の弁当は美味しくない。「肉・卵焼き・サラダ」ぐらいのバランス感覚でレイアウトすることが大切だ。ちなみにネタは一枠に一本である。複数書こうとすると内容が薄まるので気をつけよう。

3.【店頭POPの理論】見出しを書く。

エントリーシートは当然書類選考される。人気企業なら大量に来るため、エントリーシートを読む一枚当たり時間はそんなに無い。よって人事が読みやすく書くことが基本となる。

ヨドバシカメラやビックカメラの店頭を思い出してほしい。例えば君がノートパソコンを買いに来たとしよう。もちろん値段にもこだわるけど、やはり「求める機能」の有無を確認するのではないだろうか。ハードディスクの容量、DVDドライブの有無、テレビチューナーの有無、OSの種類、Officeのプレインストールの有無、軽さなど。店頭にはそれが一目で分かるPOPが必ず貼ってあるはずだ。

エントリーシートも同じ。「チームワーク」を求める企業に、「チームワークには自信があります!」など、「求める力」を持っていることが一目で分かる見出しを作ることが、基本中の基本なのだ。

4.【産地表示の理論】ネタには具体性を。

最近、中国産の食品などが問題になっている。値段よりも、安全性が優先されるからだ。エントリーシートに書く「求める力」も当然説得力が無ければ疑われる。その説得力を示すのが、具体性なのだ。
  1. ファーストフード店で身につけたチームワークは自信があります。
     
  2. マクドナルドで2年間アルバイトし、スウィングマネージャーとして調布ワンダーシティ店の店長補佐として、新人育成やシフト管理を担当しています。よって、チームワークには自信があります。
どちらの自己PRが伝わるのかは一目瞭然だろう。固有名詞や数字、エピソードがキモとなる。尚、全ての欄の文章構成は、
  1. 「求める力」を持っていることを示す見出し
  2. 「求める力」を本当に持っていることを示す具体的説明
  3. 「熱意」を示す言葉(この力を貴社にて生かしたい、など)
である。

--------------------------------

以上、簡単にまとめてみた。エントリーシートは全て、
  1. 「求める力」を踏まえて、
  2. 全ての欄に「求める力」があることを、
  3. 「見出し」をつけて、
  4. 具体性を込めて書く。
ことが基本となる。この基本を押さえれば、エントリーシートで落ちることはほとんど無くなるはずだ。

是非、トライして欲しい。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。