元本がいくら減っているか知っていますか?


住宅ローンを組む場合、ほとんどの方は元利均等返済を利用していると思います。毎月の支払額が一定になるため返済計画を立てやすいのが魅力ですが、では元本がいくら減っているか?ご存知でしょうか。毎月の返済額は元本+利息の合計額ですので、例えば毎月10万円支払っていても、10万円全額が元本に充当されるわけではありません。「当然知っている!」というのが皆さんの反応であると思いますが、元本の減り具合まで把握しているかは疑問です。


返済回数(年数)元  本利  息毎月返済額ローン元本残高返済ずみ元本合計
12回(1年)22,70465,85188,55519,732,471267,529
36回(3年)24,59263,96388,55519,164,269835,731
60回(5年)26,37262,18388,55518,628,4711,451,174
84回(7年)28,85159,70488,55517,882,2132,117,787
120回(10年)32,52356,03288,55516,776,9473,223,053
144回(12年)35,22853,32788,55515,963,0154,036,985
180回(15年)39,77148,84488,55514,613,4895,386,511
216回(18年)44,76543,79088,55513,092,2076,907,793
240回(20年)48,48740,06888,55511,971,9158,028,085
279回(23年3ヶ月)55,20633,34988,5559,949,36510,050,635
300回(25年)59,20229,35388,5558,746,56111,253,439
336回(28年)66,73721,81888,5556,478,58413,521,416
360回(30年)72,28616,26988,5554,808,41515,191,585
(単位:円)※端数処理の関係で誤差が生じる場合があります。

上表は2000万円を金利4.0%で借り入れ、35年元利均等返済(ボーナス返済はなし)とした場合のローン(元本)残高の推移です。1年目ではおよそ27万円、5年間返済しても元本は約150万円しか減っていません。60回目(5年目)では総額で531万3300円(毎月8万8555×60カ月)もの現金をローン返済に充当していても、実際に減っているのは約150万円ということを意味しているのです。

23年超返済し続けてやっと、本当の意味で住宅ローンが折り返し地点(元本の返済が半分終わる)を迎えるのです。これが「毎月家賃並みの返済」の現状です。読者の皆さんが住宅ローンから開放されるのはいつでしょうか???


次ページにて、住宅ローンの借り換えについて考えてみましょう。