派遣業界では、このところスポーツ選手の仕事を応援するプログラムが実施企画されています。長期にわたる不況で、企業スポーツは衰退しており、選手が会社に所属して仕事をしながら練習する環境が、だんだん厳しくなっています。また、世間的にはまだ若くして引退することもある選手の、引退後のキャリアアドバイスも含んでいます。

過去には、2002年にサッカーのJリーグがJリーグキャリアサポートセンターを開設。また、昨年11月、社団法人全国野球振興会(日本プロ野球OBクラブ)が、再就職支援会社に委託して、プロ野球選手OBを対象にキャリア設計セミナーを開きました。しかし今回の動きのように、専門の支援企業としては下記のパソナスポーツメイトが初めてです。何社かの取り組みをご紹介します。

パソナ


パソナでは専門の子会社「パソナスポーツメイト」を設立しました。来月から営業を開始します。資本金は2500万円。元国体カヌー選手の八鍬美由紀氏が社長に就任。就労支援の対象は、プロ契約をせずに選手生活と仕事を両立したいと考えている選手。初年度登録目標は500人。キャリアカウンセリングや、パソコン・電話対応などの一般的なビジネススキルの研修、競技生活を優先した仕事の案内等、スポーツ選手に特化した就業支援サービスメニューをそろえています。過去の業界団体の支援とことなり、現役のスポーツ選手の支援をしようとしていることが特徴です。

ヒューマン


来年度の予定ではありますが「キャリアサポートセンター」を設立。同じく来年設立予定の「バスケットボールカレッジ」の受講生をプロチームに紹介したり、関連するビジネスに人材を派遣することを企画しています。こちらは、引退した選手の仕事支援も行う予定です。

クリーク&リバー


クリエイターの派遣会社であるクリーク&リバーでは、検討段階ではありますが引退したプロサッカー選手を対象とした再就職新事業に参画しようとしています。引退した選手には3ヶ月ほど、コーチング・栄養学の研修を実施し、スポーツ施設などを紹介することが検討されています。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。