あけましておめでとうございます。・・・と言ってももう月曜日からお仕事が始まっている方ばかりですね。お正月はどのようにお過ごしでしたでしょうか?久し振りに帰省された方、海外旅行にいかれた方、どんな方もそれぞれ「今年は○○しよう!」とひそかにちかったのではありませんか(笑)今年はみなさんにとってどんな1年になるのでしょうね。

では、今年初めての記事で「今年を大胆に予想」してみたいと思います!


「2004年派遣のオシゴトわくわく予想4+1」
~おおモテ職種はどれだ!~



1.金融業務経験者はおおモテまちがいなし?!

   昨年のUFJ銀行のATM24時間営業開始につづき、今年後半から、24時間営業の金融機関が続々と出てきそうです。そうすると、深夜あるいは休日の勤務をカバーする人材がたくさん必要になってきます。金融経験者のみなさん、4月ごろから注目してみてくださいね。


2.営業職の人気はますます上昇?!

   企業が自社で営業マンを抱えず、派遣社員を活用してコストを抑える傾向が、定着し始めています。IT分野は特にその傾向が強くその需要は拡大傾向にあります。ことしは広い業界にわたって、営業職のニーズが勢いを増していくにちがいありません。


3.派遣料金は職種による格差拡大?!

ううんんnn。最初から盛り上がらない話題ですみません・・・。派遣需要全体ははのびていますが、職種別にみると需要が横ばいだったり、中には減少しているものもあります。派遣社員の活躍の場が多様化してきたぶんだけ、ニーズの多寡によって料金の格差は一層ひろがっていくでしょう。


4.製造業への派遣解禁で、いままで活かされなかったスキルが見直される?!

   大手派遣会社は製造業へ参入していくでしょう。ただ、従来の請負会社はノウハウがありますから、簡単には参入できないとおもわれます。メーカー側はやはり経験者を求めるでしょうし、ある程度の人数をまとまって発注するケースが多いことも考えられます。派遣会社は製造業に必要な専門技術の経験者をずぐには集められないでしょう。また新しい研修システムも必要になります。


プラス1

今年の注目カラーはズバリ「ホワイト」
シャープにもエレガントにも、時には「かわいい」演出も自由自在のホワイト。ON&OFFにうまく取り入れて、スマートな派遣社員を目指してね。


今年の4プラス1の予想、いかがでしたか?
あなたの今年の予想と目標はどうでしょうか。
ではこの1年、自分の目標に向かってがんばって楽しい2004にしようね!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。