前回の記事「派遣切り」どう乗り切る?派遣の失業保険 では、会社都合で契約不更新や契約解除となった場合に失業保険を受けるための条件についてお話ししました。今回は、給付申請のために必要な書類関係についてお話しします。


■失業保険の申請には何が必要?
離職票はいつ発行してもらうの?
離職票はここをチェック


失業保険
失業保険の給付を受ける際に必ず必要な書類は派遣会社に発行を依頼します

失業保険の申請には何が必要?

失業保険の給付を受けたい場合には、以下の書類等をハローワークに提出しなければなりません。

  1. 雇用保険被保険者証(画像)
  2. 雇用保険被保険者離職票1および2(画像1画像2
  3. 本人確認、住所及び年齢を確認できる官公署の発行した写真つきのもの (運転免許証、住民基本台帳カード(写真つき)等)
  4. 写真(たて3cm×よこ2.5cmの正面上半身のもの)2枚
  5. 印鑑
  6. 本人名義の普通預金通帳(郵便局は除く)


1の「雇用保険被保険者証」は誰がどの会社の雇用保険にいつから加入しているかを証明します。派遣会社に発行してもらいます。

2の「離職票」は、離職票‐1と離職票‐2の2種類あります。派遣会社に発行してもらいます。

3の「本人確認、住所及び年齢を確認できる官公署の発行した写真つきのもの 」はその場でコピーを取りますので、持参するだけになります。

4の写真は3カ月以内に撮影されたものを用意します。

5の「印鑑」は三文判で構いません。

6の「本人名義の普通預金通帳」は、給付金の振り込み口座番号に間違いがないか確認するために必要となります。最近は通帳が発行されない場合もありますが、その場合は口座番号が記載されている本人名義のキャッシュカードを持参します。

3から6の書類は、個人で用意できるものですよね。1、2の書類は派遣会社に発行してもらわなくてはなりません。その流れを次のページでみてみます。