まだまだ充分とはいえませんが、ここ数年女性が活躍しやすい環境や法の整備が急激に進みました。そして働く女性が格段に増えましたよね!これは同性としてとても嬉しいことです。
でも女性が男性と同じように活躍できる、ということは、やはりそれなりのものを求められる場面が多くなります。しかし、結婚をすると生活環境などが変わり、やっぱり「女性が働くこと」に大きく影響が出るのも現実。そんな中、結婚をきっかけとして派遣の世界に飛び込むケースも多いように思います。

では結婚してから派遣社員という働き方を選んだ加藤理恵さん(仮名・30歳)のお話を聞いてみましょう。

木村さんが派遣社員として働くようになったいきさつを聞かせてください。


はい、私は1年前に結婚しました。その前は神奈川県に住んでいて比較的自宅近くの会社で事務職をしていたんです。でも結婚して都内に引越しすることになり、いままでの会社だと通勤時間が2時間にもなってしまうので、結局辞めざるをえませんでした。実はすぐにでも派遣会社に登録して、長期の仕事をしようと張り切っていたんです。でも、夫が残業の多い仕事でもあり、なかなか生活のリズムがつかめなくて、最初は短期の仕事からはじめました。

どんな条件でお仕事を探したのですか?


絶対ゆずれなかったのは通勤時間です(笑)さいわい23区内に新居をもてたので、通勤時間は45分以内!!派遣会社のコーディネーターさんにはご苦労をかけてしまいましたが、その他の条件はつけませんでした。いままで一般事務でしたけど、販売の仕事にもチャレンジしてみました。それから夫の残業が多いので、1時間くらいの残業なら頑張ろうとおもいました。多少とも残業ができるということが、今の職場は決め手になったようです。

今のお仕事はどんな様子ですか?


1週間くらいの仕事を何回かいただいた後、生活リズムにも自信がもてるようになったので、夫とも相談して長期を希望しました。小さな会社で経理伝票の処理なども少しはいった事務をやらせてもらっています。6ヶ月の契約を先日更新したばかりです。最近は職場の歓送迎会にも呼んでもらいました。主任が残業のことなどを気にしてくれているので、私も時間内は必死で仕事をしています。だんだんと認めてもらえているのが嬉しいですね。

今後はどんなふうにお仕事をしていきたいですか?


子供ができるまではこのまま派遣のお仕事を続けたいです。今すんでいる地区は保育園が不足しているようなので、子供が小さいころは子育てしながら資格をとろうとおもっています。働けるようになったらその資格を活かします!!

加藤理恵さん(仮名)ありがとうございました!!