『お祝い事』は突然やってくる!

それは、ある晴れた秋の日のこと。
部長:
おやおや、いつにも増して笑顔ですが、何かありましたか?
取引先:
あれ、わかります?実は、ウチの息子が結婚することになりまして。
部長:
それはおめでとうございます!そうだ、ちょっとお待ちください……

おめでとうございます!
おめでたいニュースは、こちらも嬉しくなってくるものです。
こうくると、次にくる部長のセリフはおおよそ想像がつくもの。8割程度の高確率で「ちょっと、急いでご祝儀袋用意してくれないかな?」と経理や総務のアナタに声がかかってくることでしょう。

お祝い事や、ご不幸なことは、突然やってくるもの。
そのような時に慌てないよう、経理や総務としては、最低限「祝儀袋(不祝儀袋)」「筆ペン」そして、中に入れる最重要アイテム『ピン札』はある程度ストックしておきたいものです。

不幸にして準備できていない場合はどのようにすれば良いのでしょう?
祝儀袋や筆ペンは近くのコンビニや文具店で調達するとしても、欲しい時になかなか手に入らないのが『ピン札』。手に入らなかったとしたら、少なくともその場でお渡しすることはできませんよね。

今回は、様々なピン札の入手法をご紹介していきます。

では、早速次ページからご紹介しましょう!