ITと業務改革の領域が間口が広い

コンサルティングに入るにはどの領域から入るのが近いのか?学生向けに、何を梃子にすればいいのかを考察しています。

前回の記事では、IT経験を梃子にするのがもっともよい、ということをお話したのですが、どうしてIT経験が求められるのでしょうか?どのようなIT経験が求められるのでしょうか?

ITと業務改革の領域が間口が広い

コンサルティング会社が一番大きなビジネスにしているのは、ITを使った業務改革のところです。ITの知識と業務の知識の両輪をもって、企業変革のためのコンサルティングをする領域です。

具体的には、会計基幹システム導入、サプライチェーンマネジメント導入(SCM)、カスタマーリレーションシップマネジメント導入(CRM)、又は公共機関対象のシステムコンサルティングです。

この領域は、多くのコンサルティング会社がありますし、扱っている範囲も、募集している人数も多く、多くのチャンスがあります。これがなぜITか?ということの第一の答えです。

ではなぜ、IT経験が評価されるのでしょうか?