海外に就職するのにあたって、一番のハードルとは何でしょう?おそらく多くの人が「語学力」と答えるのではないでしょうか? とはいえ、いったいどれくらい英語ができれば大丈夫なのか、その目安は意外とわからないもの。海外就職に必要な語学力をテーマにしたいと思います。


企業が求める語学力とは
英語力アップの手段としての短期留学
短期留学で効果を上げるためのポイント


企業が求める語学力とは

企業が求める語学力とは
いったいどれくらいできればいいの?
英語で電話を受ける、社内文書がすべて英語、そしてプレゼンテーションすら英語を求められる・・・これらのすべてをなんとかこなしていくためにはどれくらいの英語力が必要なのでしょうか?

TOEICの運営機関である国際ビジネスコミュニケーション協会によれば、おおまかにわけてこれくらいの語学力が必要というデータが出ています。

●技術部門 650~800
●営業部門 600~750
●海外部門 550~750


平均すれば700点程度はとっていないと使い物にならない、というわけです。また、逆に700点あれば安心、というわけではなく、個人個人のコミュニケーション能力によっては、800点とっていても一緒に働くには不十分というケースもあるかもしれません。

仕事をすると考えると、日本の学校で習う「読み書き」だけでは不十分なのはもちろんで、特に「話す聞く」力が必須になってくることは間違いがないでしょう。

英語力アップの手段としての短期留学

語学力を向上させるためにできることはたくさんありますが、長年英語力向上に力をいれてきてそれでもダメ、という人はいっそ短期でも留学をするということを視野に入れてみてはいかがでしょうか?

といのも、日本国内で勉強する以上のメリットが短期留学にはたくさんあります。

1)語学漬けを実現できる
授業の時間だけでなく、生活の場も英語、ということは大きなメリットです。生活用語や文化の違いなどを知っているのといないのでは、滑り出しにおおきな差ができるでしょう。

2)英語だけじゃない
英語以外のコースをとることももちろん可能です。たとえば、マーケティングやコンピューターの授業などビジネスにおいて必要とされる知識を同時に身につけられればこれほど心強いことはありません。

3)人脈・情報を得られる
実際に仕事探しに必要なのは、「情報収集の仕方」や「人脈」です。このふたつに関してはどうしても現地にいかないと手に入れられないものである以上、短期留学中に積極的に広げておくことによって後の可能性が広がります。

次のページからは、短期留学で成果を上げるためのポイントについてふれていきます。