「国連英検」という言葉を聞いたことがありますか?実は、外務省が行う国際公務員(国連で働く人など)の選考試験にも使われる試験です。また、世界の時事や国連組織に関して学ぶのにも最適です。



国連英検とは
国連英検を受験するメリット
いったいどんな試験なの?
どうやって国連英検の勉強をするの?


国連英検とは

国連英検とは
国連の2大理念である国際理解と国際協力の普及活動のひとつとして1981年に発足した検定で、(財)日本国際連合協会(日本国連協会)が主催しています。

年に2度実施され、各級とも年齢、学業、職業など問わないため、実力に合った級から受験することができる試験です。

内容としては、世界情勢や時事問題に着目しているため、トピックは世界平和、環境問題、科学、文化、スポーツなど広範囲から用いられています。受験することが国連の活動や役割を理解することにつながり、また新聞やニュースを通して世界に関心を持つ良いきっかけにもなります。

また、読む・書く・話す・聞くの総合的な英語力が試され、作文・面接で「自分の意見を相手に伝える力」が求められ、比較的試験対策がしにくいという点でTOEICやTOEFLなどとは一線を画しています。



国連英検を受験するメリット

大学の推薦入試や編入試験では、国連英検を出願資格として認めている大学が多数あります。また、調査書、推薦書、自己推薦文などでC級以上は有利に評価されますし、大検においても英語資格として認定しています。大学によってはB級以上を履修単位として認定しているところもあります。

就職においては、社員の採用、昇進、転属などで国連英検を重視し、評価する企業もあります。

また、特に国連を目指す方へ。A級は国際公務員の志願者のための研修制度「アソシエート・エキスパート」の選考時に外務省が語学能力を審査するための試験として用いており、国連などの国際職員及び、外国の会社、国際的活動に従事するNGOで働く人を養成するための試験でもあるということが特徴です。

次のページでは、この国連英検とはいったいどんな試験なのか?具体的な試験内容についてご説明したいと思います。