海外で日本食ブームがうたわれて久しいですが、最近では一過性のブームではなく、食生活の一環として日本食が根付いてきている街もあるようです。資格を持った腕のいいシェフに対するニーズは今後も増えることはあっても減ることはないでしょう。

調理師免許とは
調理師免許で海外就職!
調理師免許の取得方法
レストラン就職でもビザは必要です!


調理師免許とは

調理師免許とは
「調理師免許」とは、調理師法という法律に基づいて都道府県知事から与えられる国家資格。取得のためには、調理師試験を受けるか、あるいは厚生労働大臣指定の調理師養成学校を卒業していることが必要とされています。

ただ、「免許」といいながらも現実としては、調理師免許がなくても料理の仕事をすることは法的に認められていますので、この点においてはお医者さんや弁護士の方とは異なります。



調理師免許で海外就職!

さて、それでは海外のレストランなどに就職するには何が必要になるのでしょうか?先にあげた調理師免許は、絶対必須ではないのですが、実質的には調理師免許を採用の条件にしている場合が多く、ビザの取得にも影響してきます。

また、免許をとればよいというものでもなく、実務経験も就職状況に大きくものを言います。経験は、例えば日本国内で2~3年調理師として働いたことがある、というと門戸を開いてくれる可能性があります。

さらに、当たり前ですが、周りのスタッフやお客様とコミュニケーションが適切にとれるレベルの語学力が必要になってくるでしょう。

さて、海外のレストランで働くために是非取得しておきたい調理師免許とはいったいどのようにしてとれるのでしょうか?