セーヌの流れにシャンゼリゼのオープンカフェ、荘厳なノートルダム寺院からウィットに富んだアートの香り溢れるモンパルナス。次から次へと洗練されたイメージを抱かせずにはいられないパリ。こんな場所で働くことができたなら!そう思う人も少なくないでしょう。


▼パリってどんな場所?
パリは、人口200万人を超すフランス最大の都市。パリ・コレクションをはじめとして、世界にファッショントレンドを発信する街、そしてルーブル美術館に代表されるアートの街でもあります。

また、当然のことながら首都機能を兼ね備えていますので、政府系の機関やユネスコのような国際機関の事務所も集まっている多彩な都市です。


▼パリのここが魅力!
パリの魅力は、パリでしか味わえない。世界の他のどの場所にもない魅力をもった土地だと言えるでしょう。 一面では、保守的で現状を変えることを好まない完成しつくされた空気を持ち、一方で世界を驚かせるような斬新な改革を平気でやってのける。人々もそんなパリを心から誇りに思っています。

昔からのアートや音楽、文学の歴史は、現在でも多くの芸術家、音楽家、作家を引き寄せ、彼らが織り成す美しいアートに気軽に触れることができるという点も非常に大きな魅力です。

また、食の面でも、これほどに充実した街は少ないかもしれません。本格派フレンチはもちろんのこと、ベーカリーのパンや、食後のチーズ、アイスクリームにワイン、シャンパン。どれをとっても一流の食を探すのに手間はかからないでしょう。こんなに魅力あふれるパリで働くには?次は、パリで働くために避けては通れないビザのお話。