最近、ワークライフバランスという言葉が日本でも広まってきたと感じます。仕事とプライベートはバランスが重要。高度経済成長期の日本であれば、ありえない考え方だったかもしれません。しかし、今の日本は成熟化社会。家族との時間を大切にしている人が多いことも事実だと思います。今回は、家族時間重視の転職を考える際のポイントをお伝えしたいと思います。

家族時間重視の転職を考えるポイント

あなたのライフワークバランス、大丈夫?
あなたのライフワークバランス、大丈夫?
1、労働時間の短い仕事に転職する
財団法人や既得権益が強い団体など、定時かプラス1時間程度の就業で帰れる会社があります。このタイプの会社は沢山の募集を出すことはありませんが、稀に欠員などで募集がかかることがあります。電力系や財団、大学の職員など、一部の企業ではありますがこの時代でも定時に近い時間での帰宅が可能です。

2、フリーランスになる
家で仕事ができるということは、自分の都合で時間を融通できるなどのメリットがあります。収入は安定的とはいえないかもしれませんが、家族との時間を作りやすいのは確かです。

家族時間を持てる仕事、まだ続きます