気にしすぎるのはよくないものの、やっぱり気になる「お金」「年収」のお話。転職活動の面接の際に、いったいどのように話をすべきか?? よく相談を受ける問題です。

希望年収はいつ伝えればいい?

希望年収
面接のとき、希望年収はいつ伝えればよいのでしょうか?
年収UPを狙った転職だからといって、いきなり最初の面接で、希望年収をアピールしてしまうのは、間違いです。

記事「給与交渉をしてもいいのは、こんな人」でもご紹介しましたが、年収交渉を始めるタイミングは、「最終面接の終了前まで」。それとなく面接中に、年収に関する質問をして、上手に転職希望先の企業の給与体系や給与水準に関する"探り"を入れます。企業によっては、「希望年収はいくらですか?」とずばり聞いてくるところもあります。けれど、一体いくら程度その企業の社員がもらっているのか、分からなければ答えようがありませんよね。

大抵、最終面接で入社後の年収の確認が行われますが、その企業の基準から、見当はずれに、ずれている年収を希望してしまって、次の面接に進めなかったり、逆に少なく言い過ぎてしまい、入社後に困ってしまう、という危険性があります。

だからこそ、最終面接より前の段階で、ある程度の探りを入れて、自分の価値をアピールできる点では、十分にアピールしておくことが大切です。

では、どういう風に希望年収はアピールすればいいの?
続きは次ページで!