麻薬・MDMAとは、どんな薬物?

画像の代替
「薬を使えば、やせてきれいになれる」そんな甘い言葉が危ない!
まず、麻薬とはどんな薬物? 麻薬は、麻酔作用をもつ植物で、依存性が特徴。麻薬取締法で取り締まり対象となっている薬物を指し、具体的には、アヘン・モルヒネ・コカインの類です。

麻薬は、天然麻薬と合成麻薬に分けられますが、1ページで見たMDMAは合成麻薬。若者の間では、「エクスタシー」などと呼ばれています。覚せい剤のような興奮作用と、LSD(強力な幻覚剤)のような幻覚作用を併せもつのが特徴。色や形は様々で、錠剤やカプセルの形で売られることもあります。

大麻とは?

一方、大麻は、アサ科の1年草である大麻草を指し、形によって、乾燥大麻・大麻樹脂・液体大麻の3つに分類されます。このうち、大麻の葉を乾燥させた乾燥大麻は、茶色か草色で、「マリファナ」「バンク」などと呼ばれます。また、大麻樹脂は、深緑色の棒や板状になっており、通称は「ハシッシュ」。3つ目の液体大麻は、深緑色または黒色で、粘りのあるタール状になっており、「ハシッシュオイル」と呼ばれます。

大麻には、麻酔作用や陶酔効果があり、その所持や栽培、譲り渡し、譲り受けは、大麻取締法で禁止されています(免許取得者は除く)。しかし近年、20代の若者を中心に、好奇心から海外で使用した後、国内に持ち込むケースが、後を絶ちません。また、暴力団関係者から買うケースも目立ち、警察は、取り締まりの徹底に躍起……。

では最後に、酒井被告が夫と共に使った覚せい剤とは、どんな薬物? また、違法薬物を使うと、心身にどんな影響が出る?