文章:石原 敬子(All About「よくわかる経済」旧ガイド)
一連の、ニッポン放送株を巡る「ライブドアVSフジテレビジョン」の買収劇のなかで、フジテレビがニッポン放送株の公開買い付け(TOB)という方法を使って株式の買い集めをしようと計りました。この公開買い付け(TOB)とは、具体的にどんな方法なのでしょうか?

<INDEX>
東証
株の買い占めは証券取引所を通じて買うとうまくいかない?

株式公開買い付け(TOB)とは?(1P目)
企業の株を買うルートは2種類(1P目)
買収劇の裏ではどんな手順を?(2P目)
TOBのメリット、デメリット(2P目)

株式公開買い付け(TOB)とは?

TOBはTake Over Bidの略で、株式公開買い付けのことです。
フジテレビのように、「ニッポン放送の株式を買い集めます」と公表して、ニッポン放送の株を持っている投資家から株式を買うことです。

企業の経営権取得などを目的に、株の買い取りを希望する人が、「買い付け期間」「買い取り株数」「価格」を公表して、不特定多数の株主から買い取る方式です。
原則として、上場企業や未上場でも一定の要件を満たす企業の株を、市場を通じないで5%以上買う場合は、TOBで買い付ける必要があります。

企業の株を買うルートは2種類

1)証券取引所を通じて買う

証券取引所を通じて、売買されている株式を買い集めます。
これは、買い集めている途中で株価が上昇して、目標の株数まで買い付けることができなくなる可能性があるというデメリットがあります。証券取引所を通じて株を買い進めて行って、途中で株価が上がって買い付け目標に達しなかった場合、それまで買った株式を取り消すわけには行きません。

2)株式公開買い付け(TOB)を利用して買う

一定の価格で株式を買い集めることができるため、株価上昇のリスクを抑えることができます。
株の売主を募集しても、目標の株式数に達する応募がなかった場合、株券を返却することによって取り消しが可能になります。

次のページでは、実際にTOBを仕掛ける時の手順をご紹介しましょう。