仕事を優先するか、義理・人情を優先させるか
もっと話を聞かせて!と言わせるテクニックを覚えましょう。ドラマが「一番いいところで終わっちゃうの!?
」と引き付けるように話せたらいいですよね

冒頭の話の改善点をチェック!

どうしてみんな、私の話を聞いてくれないんだろう。
今日だって、「この間、ハワイに行ったんだけど、ビーチがとってもきれいで、食べ物もとってもおいしくて、すごーく楽しかったんだよ!」って会社の隣の席の子に、この間友達と行った海外旅行の話をしたんだけど、「ふーん」だって。返事はそれだけ。すっごくつまんない。何よ、海外旅行に行った私をひがんでるのかしら。

彼もひどいのよ。「ねえねえ、お母さんがね、介護の仕事始めたのよ。私、心配だから見に行ったのよ。そしたらね、すごいのよ、介護の現場って!私、ものすごく感動しちゃった!!」って、私が興奮して話しているのに、「へえ、そうなんだ」って、それだけよ。

私の周りにいるのは、ホントにノリが悪いっていうか、冷たい人ばっかり。
なんていうかさ、私は感動とか一生懸命伝えているのに、ひどくない?私ばっかり一人でバカみたいじゃない?信じられなくない?

以上の話の、どこを改善するのでしょう?ポイントは2つです
1.心が動いた状況をただひたすら淡々と伝える
2.事実のみを伝え、そこから先の想像を聞き手に任せてしまう

×「ビーチがとってもきれいだったの!」
○「海面から15メートル先の海底がハッキリ見えたんだよ!」

×「すごいのよ、介護の現場って!私、ものすごく感動しちゃった!!
○「介護の現場スタッフがみんな、力仕事が多くてとても大変な仕事を、
  本当に楽しそうにしていたのよ」

人をひきつける話し方のコツは掴めましたか?ぜひ試してみてください!

■メールマガジンにぜひご登録ください。ガイドメルマガだけでこっそり公開する
「話す技術・伝える技術」もあります!
ガイドメールマガジン登録画面

【関連記事】
人に嫌がられる「話の聞き方」 (All About 女性のキャリアガイド)

【特集】仕事で使える「一芸」を身に付ける 人間関係をよくする「聞く技術」  (All About 営業・セールスの仕事ガイド)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。