春の異動も落ち着くと、はじめて顧客先へ訪問することもあるでしょう。しかし何を話したらいいのか、快く迎えてもらえるのか、と不安になりますね。皆さんから投票していただいている「あなたの一票」の結果からも「仕事先の人との会話が苦手だ」という方が多くいました。そこで今回は、顧客先へはじめて訪問するときに気をつけたい話し方のポイントをご紹介します。

相手に残したい印象は「好感」

身だしなみ、姿勢が大事
何度も繰り返して練習すると身についてきます
年齢が違う人との会話が苦手な人は、仕事として顧客先へ行くときに緊張するのは仕方がないもの。しかし、ただ行くだけでなく、何らかの成果を出さなければならないのが仕事の訪問です。緊張しているからといって、相手に失礼な態度や話し方をすることはよくないこと。では、相手にどんな印象を持もたれるのがいいでしょう?

仕事先の相手に残したい印象は、やはり「好感」でしょう。

あなたの第一印象や話し方、話す内容もすべて含めて、相手から好感を持ってもらえると次の訪問がぐんと楽になります。しかし、それは当たり前とわかっていても、なかなか簡単に出来るものではないですね。
仕事相手を前にすると、どのようになってしまうのでしょう?

■うまく笑顔で挨拶が出来ない
■緊張して声がでない
■頭が真っ白になって、話が出来ない
■何を話していいかわからない
■会話がうまく続いていかない

これだと相手に、いい印象を持たれない……と自分自身で感じ、ますます緊張してしまうでしょう。
もちろん経験を積むことで自信を持つことが出来ますが、事前に準備しておくことで初対面の好感度を上げるポイントをご紹介しましょう。

笑顔、声、姿勢。事前のチェックが大事

仕事で訪問するとき、あなたの第一印象は会社の顔だと思い、きちんと相手の眼を見て、しっかり声を出して挨拶をしなければなりません。これを突然やろうとすると、緊張している状態ではギクシャクしてうまく出来ません。
「どうしよう……」と悩む前に、何度もリハーサルをしておくことをお勧めします。「うまく出来ない」という人は、事前に準備をしないで不安になっていることも多いようです。どんなスポーツ選手も一度も練習せずにうまくプレーすることは出来ません。

鏡を見て笑顔が出来ているか、姿勢はどうか、お辞儀の角度はいいか、など事前にチェックします。声も、いきなり出そうとしても出ないもの。声を出せる環境を見つけて、大きい声で練習しましょう。
まず、会社の代表として挨拶をする場面で、好印象を残すことが大事です。

次のページで、会話を上手に運んで好感度を上げる具体的な話し方を紹介します。