センスが光る手土産とは?

手土産は相手を思いやって買うもの。渡した時にひと言何か添えられるものを買うといいでしょう。「私の地元で有名なお菓子です」とか「会社の近くにあるお店なのですが、おいしいと評判なので…」など。また、訪問宅の近所の店で当日買うようなことはないように。いかにも間に合わせで買いましたと言わんばかりです。

金額は3~5000円程度で、有名ブランドの高価すぎるものや好みの分かれるお酒などは避けたほうが無難です。のし紙はつけるかつけないか迷うところですが、贈答品なのでつけると丁寧です。その場合の表書きは「ご挨拶」と書くか、無地のしが多いようです。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。