梅雨時は日中でも陰鬱

梅雨空の室内

写真1.梅雨空の室内

梅雨時の朝、起床したときの窓外がどんよりした曇りや雨空に気持がトーンダウンして、やる気のスイッチが入らないことは誰にでもあると思います。この状態が進行すると季節性鬱病に似たような症状になり、他の要因が加わると治療を要する病気に発展しかねません。その前の簡単な予防法として光をいっぱい浴びることが薦められます。

今にも泣き出しそうな、どんよりした日の朝に外の光の状態を測定してみました。朝の時間帯にもよりますが、照度は2000~3000ルクスで、晴れたこの時間帯の明るさに比べ1/10以下しかありません。

照明を加えた例

写真2.温かな光を加えることで雰囲気が改善される。

色温度も測ってみました。約6000Kで、外に出てみれば、思っているほどの陰鬱感はないのですが、陰影のない柔らかな光と蒸し暑さは、なぜかだるい気分になります。

屋外ですらそのように状況ですから、住宅の室内に至ってはさらに悪い雰囲気になります。例えば昼光率2%の窓のある部屋でも、採光による室内の平均照度は40~60ルクスで陰気な気分に陥ります。この明るさは目覚めを妨げる明るさといえます。
図1は「クルーゾフのデータ」と呼ばれています。今から60年以上も前に作られたものです。照度と色温度の関係で空間の雰囲気がおおよそ分かります。例えば上述の40~60ルクスの明るさで色温度が6000Kの場合、陰鬱状況にあることかが分かります。このデータは被験者がヨーロッパ人のため日本人の感覚とは少しずれております。しかし照明による雰囲気が分かる貴重なデータのため、今でも照明設計者の中で活用されています。
照度と色温度の組み合わせによる快適さundefined

図1.照度と色温度の組み合わせによる快適さ 


次のページでは、「室内に木陰を作ろう」をご紹介しています。