MISAWA PARK TOKYO
9月1日リニューアルオープン


独自のパネル工法で成長を続けたミサワホームが、
トヨタとの提携のあと再建を進め、再び軌道に乗りはじめたようです。
首都高・高井戸出口を降りた環八通り沿いに本社、研究所があります。
本社ビルの裏にはうっそうと茂った武蔵野の樹々の間に、
素晴らしい環境の3棟のモデルハウス展示場もあります。

この本社ビルに10年前に作られたMIFパークでは、
住宅部品の展示を通して「上質な住まい」「安心な住まい」を訴求してきたのですが、
今回全面的にリニューアル工事が完了し、
名称も「ミサワパーク東京」と変わり、
最新先端技術の展示場として9月1日に正式オープンします。


 
「ミサワパーク東京」は完全予約制となっており、まず地下1階の「オリエンテーションホール」 に通され、「住まいの基本技術」「住まいの地震対策」「KURAシアター」の各コーナーを回ります。2階の展示場には「住まいのデザイン」「セキュリティ」「ECO・微気候デザイン」「生産・品質システム」「オーナーサポートシステム」「ホームイング」「ハイブリット住宅」の展示が続きます。

2階の「住まいのデザイン」コーナーのキッチンデザイン。このアイランドキッチンと背面のカップボードユニットのセットで2005年度Gマークを受賞している。
住宅業界で唯一16年連続グッドデザイン賞を受賞続けているデザインで定評のあるミサワホームの真骨頂。
キッチンメーカーではなかなかできないキッチン・ダイニング・リビング空間のトータルコーディネーションと生活提案や空間提案が見事にまとめられている。

アイランドキッチンと正面の収納システムの分割線などが美しくまとめられ、ガイド記事でも取り上げたナショナルのフラットウオールオーブンが組込まれている。
この記事の最後に、今年のミラノサローネユーロクッチーナ展示会場で出展したナショナルのシステムキッチンのカット写真がありますが、背面の収納ユニットを周辺の照明で浮かび上がらせるデザインまで酷似していることに驚かされます。
サローネ・ユーロクッチーナの現地報告記事の執筆時点では気づかなかったのですが、私の撮影した現地写真ではほとんど同じ構成です。 (昨年度のGマークを受賞したことから分かるように、オリジナルはミサワホームにあることもハッキリしています。)


ダイニングスペースを挟んでリビングスペースが広がる快適空間。

バルコニーに面したオープンバスルームが心地良さを演出している。


浴室空間とキッチン収納・ユーティリティー空間との間にシンプルデザインの洗面空間がひろがり快適だ。


次のページでは、「ミサワパーク東京」のキッチンの詳細を紹介します。

(C)AUG. 2006 Copyright HIDEWO KURODA KITCHEN SYSTEM LABO.INC.