リフォームの依頼先は多種多様

リフォームを考えた時に、最初に頭を悩ませるのが、「どこに頼もう?」ということではないでしょうか?リフォームとひとくちにいっても、壁紙を貼りかえるといったことから、キッチンや浴槽を取り替えたり、増築したりと内容はさまざまですよね。

同じように、リフォーム工事を行う会社も、工務店やハウスメーカー、設備・建材メーカーやインテリアメーカー、またデパートや家具店など多種多様

特に最近では、リフォーム市場の拡大を予測して、さまざまな業界からの進出がみられます。それぞれに得意不得意がありますから、自分のリフォームにあう会社を選ぶこと、それが満足いくリフォームを行うための第一歩といえるでしょう。


主な依頼先の種類と特徴を確認しよう

リフォームの依頼先は、それぞれどんな特徴があるのでしょうか?主なものを挙げてみました。

■工務店(大工さん)
多くは新築と同様にリフォームも手がけています。新築施工のノウハウを生かした増改築(構造躯体に関わる工事)を伴うリフォームを得意としており、総合的なリフォームに対応しています。工法によって得意不得意がある場合も。

■ハウスメーカー・デベロッパーなど
ほとんどのメーカーは、自社で施工した物件のメンテナンスを行う部署を持っており、専門のリフォーム会社を設けているところもあります。新築の設計・施工のノウハウを生かした増改築から内装工事まで、総合的に行っています。施工例のパンフレットなども用意しているので、参考にするといいでしょう。

■リフォーム専門会社
リフォームを専門に手がけている業者。工務店やハウスメーカーと同様に総合的なリフォームに対応しているところから、水周りやインテリアなど得意分野に特化したメーカーもあります。インテリアコーディネーターや女性建築士が担当となる会社も多く、女性ならではの提案も期待できます。施工例を集めたパンフレットや小冊子などでも確認できます。

■設備・建材(住宅部品)メーカー
キッチンや床材、窓など住宅部品を取り扱うメーカーが、リフォームショップという形で代理店化していたり、関連会社、契約工務店などをグループ化して施工を行っています。全国展開しているメーカーもあります。取り扱う設備機器や建材についての知識をいかしてリフォームを行いますが、機器に関するだけでなく、幅広いリフォームを手がけるところも多いようです。リフォーム向けの商品を中心にパンフレットなどがあります。

■設計事務所
基本的に新築・リフォームともに手がけています。生活スタイルに合わせたプランや収納スペースのプランなど独自の提案が期待できます。リフォームに関しての実績を確認するようにしましょう。建築家にリフォーム依頼する場合は施工は工務店になり、建築家が施工管理を行うことになります。

■インテリア・内装専門会社
床・壁・天井材や作り付け家具、収納などインテリアを中心としたリフォームを得意としています。インテリアコーディネーターの細かい提案を受けることができるでしょう。

■その他
外壁や屋根工事、内装工事などそれぞれ専門の会社があります。また、水まわりなどの修繕を行う会社もあります。リフォームの内容がこのような分野に限っているのであれば、専門の会社に頼むという方法もあります。

次ページでは、先輩達の依頼先や依頼する際のポイントをみていきましょう。