『収納』と『機器の使い勝手』が重要

新築するにしろリフォームにしろ、システムキッチン選びは楽しいものですよね。キッチンのショールームに行くとたくさんの素敵なキッチンに囲まれて、ウキウキしてしまうのは女性だけではないのでは?

でも、そんなシステムキッチン選びで重要視する点を聞いてみると、予想以上に現実的。毎日使うところだから、しっかりチェックしておきたいのは、やっぱり『収納』と『機器』でした。
みんなの意見はこんな↓感じ。

システムキッチン選び。重視するものは何?
■収納や機器の使い勝手(60%)
■掃除やお手入れが楽なもの!(28%)
■やっぱり、価格…(9%)
■扉材やカウンターなど見た目(2%)


注目の『収納』は、引き出し式の収納、昇降式の収納・・・

最近のキッチン収納の中で注目は、まず引き出し式の収納。烽、これは定番に近いのではないでしょうか。台輪部分などまで利用した引き出し収納スペースは、なんとなく「お得」な感じ(?)がして人気のようです。インテリアコーディネーターの田村多佳子さんも、「最近は、引き出し式の収納のタイプを選ばれる方が多いですね。」とおっしゃっていました。

引き出し式収納のメリットは、奥にしまったものも取り出しやすいこと。台輪部分のスペースは、買い置きの缶詰やビール、土鍋やカセットコンロなど置き場に困るモノも収納しやすいので、便利かも。また、おなじみ(?)になってきたのが、昇降式収納。上部ユニットの内部のカゴが降りてきて、手が届かなくて使いづらい空間の有効活用ができるというわけ。手動式のほか、電動式のものもあります。

このようにメーカーからは、『いたれりつくせり』の工夫がいっぱい。特に収納に関して、日本のメーカーの商品はアイデア満載です。確かに使いこなせるのであれば利用価値大。でも、『あったら、便利かも?!』ぐらいの気持ちで選ぶと、宝の持ち腐れになるので注意が必要ですよ。興味をもったら、ショールームで確認して、実際に使い勝手のチェックを忘れずに。

忘れてはいけないのは、(当たり前のことですけれど)『キッチンという空間は、システムキッチンだけでは成り立っているわけではない』ということ。キッチン空間の間取り、LDとのつながり、収納プランetc.と同時に考えることを忘れずに。極端な話、キッチン空間に収納スペースが充実していたら、キッチン設備には、収納ユニットはいらないかもしれません。多くの設備機器に言えることですが、空間があっての機器だと思います。

次ページでは、カウンター素材の人気をみていきます。