「リフォームしたいな」と思っているけれど、なんとなく思い切れなくてはや数年・・・という方、結構いらっしゃるのではないでしょうか?「どうしようかな?」と悩んでいるなら、先輩達がリフォームに踏み切ったきっかけをチェックしてみては?先輩達のリフォーム事情を知ることで、わが家の「リフォームどき」を確認することができるかもしれませんよ。リフォームにかけた金額や時期も合わせてご紹介しますので、これからリフォームを考えている方、ぜひチェックしてくださいね。

【記事内データ】 「住宅リフォームに関する動向調査2003」 株式会社リクルート 「Goodリフォーム」編集部調べ

きっかけは、「老朽化」&「生活向上」

水まわりは設備機器の多種多様。機器それぞれの寿命も確認したい
体験者のリフォームのきっかけは何なのでしょうか?一戸建ての場合、「間取りに不満があったから」「設備の使い勝手に不満があったから」「住宅設備が古くなった・壊れたから」「家が古くなった・老朽化したから」など、設備や住まいの使い勝手の悪さや老朽化などの理由が多くみられます。建築して10年経てば、どこかの設備機器も調子が悪くなってくるもの。それをきっかけに、住まい全体を見直す人は多いと思います。

では、いつ頃リフォームをしたかというと、平均年数は、住み始めてから13年経った時期。注文住宅を新築した方は15年9ヶ月、新築建売を購入した方は13年となっています。また、あたりまえかもしれませんが中古住宅を購入した方は3年10ヶ月と圧倒的に短くなっています。

また、マンションの場合のきっかけは、「好みのインテリアに変えたかった」「間取りに不満があった」「中古物件を購入したので」「収納スペースの確保」などが続きます。使いづらさももちろんですが、どちらかと言うといまよりももっと居心地よくしたい、生活の向上を図りたいという姿がみえてきます。限られたスペースの中で、ライフスタイルの変化により、いまの暮らしに合わせた空間にしたいということなのでしょう。リフォーム時期は、平均年数は住み始めてから6年5ヶ月。新築時に購入された方は11年、中古で購入された方は2年6ヶ月でリフォームを行っています。興味深いのは、マンションを購入してすぐにリフォームした「即リフォーム」の人が25.5%いること。購入価格やエリア的な要素もあるでしょうが、新築のありきたりの間取りではなくオリジナルなプランを希望し、リフォームを念頭に中古マンションを探す、という層が多くなってきているようですね。

リフォーム箇所は水まわり中心

では、どこをリフォームしたのでしょうか?一戸建て、マンションともにキッチン、リビング、ダイニング、浴室、トイレなどが上位にあります。つまり水まわりに手を入れることが多いということ。水まわりはさまざまな設備機器が多いですし、10年を過ぎるとメンテナンスをしていても、いずれかの機器に不具合も出てくるもの。「キッチンに手をいれるなら、ついでにリビングダイニングも・・・」「浴槽を取り替えるなら、洗面とトイレも一緒に・・・」そんな声が聞こえてきそうですね。

しかし、リフォームの場合、ひとつのきっかけというよりも、日頃から感じているいくつかの不満が重なって、ある日「お風呂が壊れた!」とか「子供が入学した!」などの理由によって、背中を押されるという感じなのでは?リフォームに限ったことではありませんが、住まいになんとなくの不満があったら、「その時」に備えて、ショールームを覗いたり、雑誌をみたり、リフォームした友人を訪ねたり、日頃から情報収集をすることをオススメします。そうすることで、自分の不満を整理することができるでしょうし、自分の好みもはっきりしてくるのではないでしょうか?

次ページでは、リフォームにどのくらいの金額をかけたかをみていきます。