iMacの魅力、その1:iPhoneのようなシンプルなデザイン

Macをよく知らないひとに「Macの魅力はなにか?」と聞かれたら、私なら「iPhoneみたいにシンプルな操作でいろいろ楽しめるところ」と答えます。iMacの本体デザインでは正面から背面まで、360度どこから見ても美しく、無駄なものが一切ありません。キーボードとマウスを隠してしまえば「本当にこれがバソコン?」と疑いたくなるほどです。

さらに内蔵されているソフトウェアも見た目や中身で他のパソコンとは一線を画しています。なにもかもがオリジナルで、なにもかもが未体験ゾーン。少し大げさですが、長年使い続けている私でもいまだに新しい発見があるほど。もちろん、別途Windows 7※を購入すれば、Windowsパソコンとしても使えるので安心です。
※2011年モデル以降、Windows Vista、Windows XPはサポートされなくなりました
 

iMacの魅力、その2:でっかいのに薄い

デスクトップパソコンを選ぶときのポイントは、性能はもちろんですが、まず部屋に置けるかどうかが重要です。27インチのiMacは画面こそ巨大ですが、奥行きはなんと最大で20.3cmしかありません。本体部分に至っては、最も薄い部分で5mmしかないのです。実際に占有するスペースはスタンドの設置面だけといっても過言ではなく、一般的なペンケースが2つ程度置けるスペースがあれば難なく設置できます。

iMacの魅力、その3:速くて安い

デスクトップの魅力は、同じ値段でもノートパソコンと比べて性能の高いモデルが手に入るところでしょう。iMacも例外ではなく、MacBook Proの同価格帯と比べて1割程度高速なプロセッサを搭載しています。ハードディスクも500GB~1TBと大容量で、メモリも標準で8GB、最大で16GB搭載可能です。

同価格帯のWindows搭載デスクトップパソコンと比べても、性能面ではひけをとりません。21.5インチもの大画面で、クアッドコア Intel Core i5 2.7GHz 搭載というだけでも、10万8800円という価格はかなり良心的だといえるでしょう。


iMacの魅力、その4:充実したポート類

Thunderboltポートを使って外部ディスプレイを接続すれば、マルチディスプレイ化も可能。他にも、FireWire 800ポート、USB 3.0ポートなども搭載しています。SDXCカードスロットも搭載しているので、デジタルカメラの写真の読み込みなどもラクチン。これらポート類が充実しているので、拡張する必要もないでしょう。

iMacの魅力、その5:充実したアプリケーション

iMacには標準で多くのアプリケーションがインストールされています。インターネットするには必須の「Safari」「Mail」はもちろん、iPodやiPhoneを管理できる「iTunes」は最初からインストールされているので、面倒なインストール作業も不要。

ワープロ並みのテキスト編集が可能な「テキストエディット」や、簡単なPDF編集が可能な「プレビュー」など、すべてのMacで共通のアプリケーションはもちろん、画像管理や動画編集、音楽制作などができる「iLife」も最初から付いてきます。
iLife

画像管理用ソフト「iPhono」、動画編集ソフト「iMovie」、音楽制作ソフト「Garageband」で構成されたパッケージが「iLife」。これ1つあれば、他にソフトはいらないかも?


もっとアプリが欲しいなら、iTunes のApp Store とそっくりなMac App Storeを使っていつでもダウンロード購入できます。この気軽さもまさしくパソコン版iPhoneといったところ。

パソコンを使ってもっと新しい発見や楽しい体験をしたいという好奇心旺盛なひとなら、どんな人でもiMacは自信を持っておすすめできるパソコンです。

 


【関連サイト】
アップル iMac



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。