Point1 テラスをどう使いたいのか、設ける目的を明確に

外観デザインにも馴染む、ナチュラルな雰囲気の屋根を設けた開放的なテラスプラン。[木調テラス屋根undefinedサザンテラス]YKK AP http://www.ykkap.co.jp/)

外観デザインにも馴染む、ナチュラルな雰囲気の屋根を設けた開放的なテラスプラン。[木調テラス屋根 サザンテラス] YKK AP

テラスとは、土地の一部を盛り上げ、平らにした部分のこと。石やタイル、コンクリートなどを敷き詰めたテラスは、くつろぎのスペースとして、身近で取り入れやすいプランでしょう。自然を感じたり、光や風の中でゆったり過ごすことができる空間ですが、どう使いたいのか、プランニングする目的を明確にしないと、有効活用できない場合もあるものです。

たとえば、「庭先に設けて、ガーデニングの作業場にしたい」「家族や友人とお茶を飲む場にしたい」「ペットの居場所にしたい」「洗濯物を干すスペースにも使いたい」など、どのような場面で利用したいのか、しっかりと検討することが基本でしょう。

Point2 ゾーニングや動線を考慮して広さを検討する

プランニングの際に忘れてはいけないのは、住まいの間取りと同様、ゾーニング(配置計画)や動線をしっかりと検討すること。お茶や食事をとりたいのであれば、キッチンやリビング・ダイニングからの動線が短い方がいいでしょうし、お客様を招きたいのであれば、門や玄関まわりから直接行くことができるようにしてもいいでしょう。

バスルームにつなげれば、湯上りにくつろぐこともできるスペースとなりますし、二世帯住宅の場合に、それぞれの世帯をつなぐスペースとして利用しても。適度な距離感を持たせつつ、つながりを生み出すことが可能です。

Point3 リビングにつなげるなら、一体感を持たせたプランニングに

光をとりいれる屋根を設けて、くつろぎのスペースに。外壁工事が不要な独立型なので、外壁を傷つけずに設置することが可能。[独立テラス屋根 エフルージュグラン ZERO 標準柱 フラット型 H2 Z9 トーメイマット] YKK AP http://www.ykkap.co.jp/)

光をとりいれる屋根を設けて、くつろぎのスペースに。外壁工事が不要な独立型なので、外壁を傷つけずに設置することが可能。[独立テラス屋根 エフルージュグラン ZERO 標準柱 フラット型 H2 Z9 トーメイマット]  YKK AP

テラスを設置した例として多くみられるのは、リビングルームの延長として、掃き出し窓を介して設けるプラン。空間的な広がりだけでなく、日々自然を近くに感じることが可能ですし、お茶を飲んだり食事をしたり、お客様を招いてのホームパーティなどでも使い勝手がいいものです。

テラスへの出入り口である窓サッシは、折れ戸や引き込み戸などのように、大きく開放できるタイプにすると、リビングと一体化した空間となり活用度も高まるでしょう。また、最近では、室内外で使用できる床タイルなども充実してきています。リビングの一部にタイルを取り入れテラスまで同じ素材とすれば、一体感も生まれるでしょう。

Point4 周辺環境に配慮して、プライバシーの確保に工夫したい

ゾーニングや動線を検討すると同時に、プライバシーの確保も重要なポイントです。せっかくテラスを設けても、道行く人や隣家が気になってはくつろぐことはできません。敷地内だけでなく、敷地の外からのテラスの見え方にも注意することが大切です。

最近では、プライバシーを守りつつ、採光・通風を確保できるスクリーン商品もみられますし、柱(フレーム)やルーフなどを組み合わせ、アウトドア空間を自由にプランニングできる商品もあります。テラスといった単体のプランニングではなく、敷地全体をトータルに、フェンスや植栽プランなどと合わせて検討するようにしましょう。

Point5 陽射しや雨をコントロールして快適なスペースに

夏の暑い日差しをカットするシェードを設ければ、日差しを和らげるとともに、室内の冷房効率も高まる。[木調テラス屋根undefinedサザンテラス パーゴラタイプundefinedアウターシェード(H3,000)付きundefinedタイル(ベージュ)納まりundefined屋根:F型・トーメイマット]YKK AP http://www.ykkap.co.jp/)

夏の暑い日差しをカットするシェードを設ければ、日差しを和らげるとともに、室内の冷房効率も高まる。[木調テラス屋根 サザンテラス パーゴラタイプ アウターシェード(H3,000)付き タイル(ベージュ)納まり 屋根:F型・トーメイマット] YKK AP

テラスを設置する方角や季節によっては、強い日差しを受ける場合もあるでしょう。太陽光を上手にコントロールできる屋根やシェード、オーニングなどを設けることも検討しておきたいものです。また、洗濯物を干す場合などであれば、雨への対策も考えておきたいものです。

テラスの屋根材には、耐衝撃度に優れるポリカーボネートなどが多く使われますが、機能を付加したり、薄く色のあるタイプなどもあるので、必要に応じて選択を。シェードやオーニングなどを選ぶ際には、デザイン性のほか、操作性やメンテナンスなども忘れずにチェックしておきましょう。その他、テラス屋根は、積雪への強度なども確認しておきたいものです。

Point6  使い勝手の高めるテーブルや椅子、照明にもこだわって

使用する目的にもよりますが、アウトドアスペースをより楽しみ使い勝手を高めるためには、テーブルや椅子などを設けてもいいでしょう。また、照明も設置しておきたいアイテムのひとつです。昼間だけではなく、夜も利用可能な工夫をしておくことで、その価値も高まりますし、昼とは異なる雰囲気を楽しむことも。テラスのテーブルや椅子を照らすように設けたり、樹木をライトアップしたり、さまざまな演出方法が考えられます。

新築の場合、外まわり空間はどうしても後回しになりがちですが、庭のプランニングは一戸建てならではの醍醐味。家の中にいても、外にいても心地のよいわが家をつくるために、ウチとソトをトータルに検討することをおすすめします。


【関連記事】


匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。