屋上緑化は一般住宅でも可能に

ヒートアイランド防止や省エネ効果などから、ビルや集合住宅の屋上緑化への関心が高まってきている昨今。最近では一般住宅の屋根部分を花壇にする住宅メーカーもでています。

「屋上緑化」ときいて、ビルなどのコンクリートの屋上はなんとなく出来そうですが、木造住宅の場合ちょっと想像できない感じもしますが様々な技術開発により実現可能となっています。自治体によっては助成制度を設けているところもあります。

屋上緑化の進化

緑化屋根は、防水処理した合板の上に植物の根が防水素材を突き破らないようプラスチック製のフィルターを重ねます。この上に卵パックのような形をした樹脂で保水層をつくり、土を盛るのです。最近はこのフィルターの強度が増した他、黒土の約半分の重さの軽量土が開発されるなど屋根への負担が軽くなり、木造住宅にも使われてきているのです。

敷地が狭く、いくらかでも緑と接したい都市型住居に住んでいる方にとっては自然と親しめる楽しい空間がスペースが確保できそうです。