断熱方法で差がつく快適な住まいづくり!

外断熱とは、構造体の外に断熱材を張って、外の熱を中に伝えにくくする方法。内断熱とは、従来からの、構造体の内側(同じ位置)に張る方法

外断熱とは、構造体の外に断熱材を張って、外の熱を中に伝えにくくする方法。内断熱とは、従来からの、構造体の内側(同じ位置)に張る方法

快適な住まいは、間取りはもちろん、設備機器など各部分が総合されることによってできあがります。そこで、意外に重視されていないのが住まいの温熱環境です。

温熱環境を一定に保つには、断熱を適切に行うことですが、断熱材は壁の中に入って目に見えないので、なかなか考えつきません。

断熱には外断熱内断熱がありますが、それぞれの特徴を比較してみます。

外断熱の特徴

  • 断熱材は外壁仕上げ材のすぐ裏に設置される
  • 建物全体を断熱材で包む
  • 防湿性が高い
  • 建築コストが割高
  • C値(※)は2平方センチメートル程度

内断熱の特徴

  • 断熱材は柱や間柱の隙間に入れられる
  • 建物の軸組や構造材の部分は全く断熱されない
  • 軸組や構造材に湿気ができることもある
  • 建築コストは一般的
  • C値(※)は8平方センチメートル程度

(※)C値 床面積1平米当たりの隙間面積を数値化した気密性能を示す値。小さい数値ほど隙間がないことを示す。

外断熱工法のメリット・デメリット

[メリット]
  • 結露がおきにくい
  • 構造体を覆うため気密性が高くなる
  • 柱などの構造体が保護されることになるので痛みにくい

[デメリット]
  • 工事費が多少高い
  • 外壁が厚くなるので、敷地廻りに余裕がほしい
  • 断熱材の上から外壁材を留めるので、地震などの時多少不安
  • 高気密高断熱になりやすいので換気計画が必要

内断熱工法のメリット・デメリット

[メリット]
  • 工事費は外断熱より安い
  • 外壁は厚くならない
  • 施工が容易である

[デメリット]
  • 施工が悪いと結露が起きやすい
  • 気密性は外断熱よりは悪い
  • コンクリート造か木造かによって差がでる

ガイド・佐川の一言アドバイス!
断熱は防湿と予算・地域を考えること

断熱性能や気密性能を数値の観点でみると、外断熱が優れています。従来の戸建て住宅では、一般的な断熱方法は内断熱でした。では内断熱は時代遅れの工法なのでしょうか。

断熱方法の良し悪しは一概にはいえません。北海道などの寒冷地では外断熱は有効に働いても、本州では過剰装備になる恐れがあります。

日本は高温多湿の国であることを思い起こしてみましょう。断熱は防湿とセットに考えられてこそ機能が発揮されます。断熱方法を選択するのではなく、防湿をどのように捉えるかが大切になります。内断熱であっても、樹脂フィルム防湿層で部屋をくるむ等の方法で、壁体への透湿を防止することができます。

「外断熱」か「内断熱」かを決める順序は、欠点を見つけての消去法ではなく、どんな家をつくりたいのかを決め、建築の予算はもちろん、地域や場所に合わせて総合的に判断することが大切です。

【関連記事】
夏涼しくて、冬暖かな家が理想 民家から学ぶ
断熱材について考えてみよう!

匿名で優良会社にリフォーム相談!

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。