祝電には会社での人柄がわかる一文を

祝電とは、お祝いの心を上手に伝えるメッセージ

祝電とは、お祝いの心を上手に伝えるメッセージ

結婚披露宴に送る祝電の例文・文例(同僚編)をご紹介します。同僚の披露宴に出席しない場合、同期入社や職場のスタッフ何人かで連名で電報を打つようにします。 ポイントとしては、会社での新郎新婦の人柄がわかるような一文を入れるとよいでしょう。

祝電のマナーやサービスを知りたい場合は、まず「祝電・お祝い電報の基本」をチェックしてください。

祝電の例文・文例(同僚編)

■○○さんへ
結婚おめでとう。明日からハネムーン、社員一同お土産を期待してますよ。そのお礼として沢山の仕事を用意してお待ちしております。いってらっしゃい!

■○○さんへ
ご結婚おめでとうございます。職場のみんなといつ新婚家庭に押しかけようかと計画中です。ご覚悟のほどを!

■○○さんへ
ご結婚おめでとうございます。後輩の女性社員たちは、とっても悔しがっています。でも男性社員諸君は、ライバルが圏外に去ったことでホッとしているようですよ。社員一同、お二人のお幸せをお祈りします。

■○○さんへ
結婚おめでとう。知り合ってわずか三カ月というスピード婚。机を並べている私たちは唖然とするやらうらやましいやらで、大変な騒ぎでした。新郎の○○さんはきっと素敵な人なんでしょうね。また新居に遊びに行かせていただきます。末永くお幸せに!

■○○さんへ
ご結婚おめでとうございます。同期入社の私たちをさしおいて、一足先に春を迎えられた○○さん。この埋め合わせを愉しみにしていますので(笑)、今後ともよろしくお願いします。どうぞお幸せに。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。