佐川のワンポイントアドバイス

引渡し当日は笑顔で迎えたいですね。そうすることができたら、その建物は良く出来たと言えるでしょう。建物は並んでいる商品から買うのではなく、施主・設計者・施工会社と三者で共に造り上げていくものなのです。引渡しを笑顔で迎えられたということは、三者の信頼関係を築くことができた証です。信頼関係を築いておけば、住んでから不具合なところが出ても、気軽に連絡をとり直してもらうことができます。こういった体制をとっておくことはとても大切です。引渡しで関係が終わるのではなく、これから住み続けていく家ですので、設計者、施工会社ともに長く続くお付き合いになるのです。


◆次回の家づくり講座18は「住み始めてからのメンテナンス」について説明します。
家づくり講座最終回です。お楽しみに!

【前回までの講座】
▼家づくり講座1→「土地探しのポイント」
▼家づくり講座2→「用途地域を調べる」
▼家づくり講座3→「地耐力を知る」
▼家づくり講座4→「依頼先選びのポイント」
▼家づくり講座5→「構造について知る」
▼家づくり講座6→「プランニング-採光と通風」
▼家づくり講座7→「プランニング-動線計画」
▼家づくり講座8→「プランニング-収納計画」
▼家づくり講座9→「地震に強い木造のつくり方」
▼家づくり講座10→「断熱と結露の関係」
▼家づくり講座11→「健康・環境に優しい住まい」
▼家づくり講座12→「家づくりにかかる費用」
▼家づくり講座13→「図面のチェックポイント」
▼家づくり講座14→「工事の流れ-木造編」
▼家づくり講座15→「工事の流れ-RC造編」
▼家づくり講座16→「家づくりの失敗談から学ぶ」

【関連記事】
自分でする、欠陥住宅をつかまないチェックポイント10(前編)
自分でする、欠陥住宅をつかまないチェックポイント10(中編)
自分でする、欠陥住宅をつかまないチェックポイント10(後編)
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。