カナダでの喫煙、飲酒

カナダでは屋内は原則禁煙です。ホテルでも多くが全館禁煙となりつつあります。都市によっては厳しい条例を設け、屋外であっても建物の入り口近辺は禁煙と定めているケースもあるので、要注意。

一部のホテルでは喫煙可能な部屋を用意しているところもありますが、喫煙可能な部屋は「階数が低い」、「眺望が悪い」など、良い条件でないことがほとんど。ホテルの客室は旅の大事な要素なので、喫煙可能な部屋をリクエストするかどうかは、十分検討が必要です。

飲酒は原則、屋外ではご法度です。またお酒に限ったことではありませんが、カナダには自動販売機というものがほとんどなく、アルコールを買うこと自体、リカーストア(酒屋)に行かなくてはいけません。コンビニやスーパーでも買えないので、ご注意ください。ただしケベック州だけは比較的寛容なので、スーパーでも買うことができます。

カナダのイベント

最大のイベントといえば、クリスマス。各地で華やかなイルミネーションが見られますが、むしろ注目はクリスマス翌日の12月26日。この日もボクシングデーと呼ばれる祝日で、カナダではクリスマス商戦後の1年最大のビッグバーゲンの日。人気のショップでは前日深夜から行列ができるほどです。ちなみにボクシングは殴り合いではなく、「プレゼントの箱=ボックス」に由来しています。

クリスマス後の元旦はあっさりとしていて、年を越える瞬間にやや盛り上がりを見せるものの、その後はただの祝日。2日からはお店も通常営業です。

ビクトリア州議事堂前でのカナダデーのイベント

ビクトリア州議事堂前でのカナダデーのイベント

次に盛り上がるのが7月1日のカナダデー。カナダの建国記念日で、各地ではコンサートや花火、パレードなど、さまざまなイベントが行われます。

イベントといえば、10月31日のハロウィーンも一見の価値あり。平日でもお構いなしで、仮装したり、顔にペイントして出勤する人もたくさんいます。

そのほか、バンクーバーの夏の花火大会、モントリオールのジャズ・フェスティバル、ケベックのウィンター・カーニバルなど、各地のイベントも盛り沢山です!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。