はずせないインドネシア料理とバリ料理

バリ島のレストラン9

ジンバランの名物、シーフード屋台が並ぶイカン・バカール

バリ島のレストラン4

インドネシア料理の代表格、ミー・ゴレン

バリ島の郷土料理といえば、インドネシア料理。“ブンブ”というスパイスを利かせた料理で、ココナッツミルクの味付けもポピュラーです。もっともメジャーなメニューといえば、ナシ・ゴレンやミー・ゴレン。ナシは米、ミーはそば、ゴレンは炒める。つまりはチャーハンや焼きそばなのですが、ココナッツオイルの香りが南国らしい特徴です。店ごとに味付けが微妙に異なるので、食べ比べてみるのもいいでしょう。ちなみにガイドはミー・ゴレンばかりをあちこちの店で食べ続けた時期があり、その時のいちばんお気に入りはマデズ・ワルン2のものでした。

 

ほかに主なメニューとしては、汁そばのミー・クワァ、フライドチキンのアヤム・ゴレン、焼き鳥のサテ・アヤム、中華風の野菜炒めのチャプチャイなど。スープでは鶏肉とたっぷり野菜のソト・アヤム、肉だんごが入ったミー・バッソが代表格でしょう。

バリ島のレストラン5

数種類のおかずをごはんの上にのせたナシ・チャンプルー

これらのメニューはレストランやワルン(庶民向け食堂)で単品料理として並んでいますが、ユニークなのがナシ・チャンプルー屋さん。ナシ・チャンプルーとは、いろんなおかずがご飯の上にのせた料理です。ツーリスト向けの店ではあらかじめ数種のおかずが盛りつけられていますが、地元向けのワルンでは独特なスタイルで注文をします。ずらりと並んだおかずから好みのものを選び、その種類や数で金額が決定。言葉が通じなくても、指差しでOK! おまけに安くて、うまい!

ちなみに、バリ料理はインドネシア料理よりもっとスパイシーな味付けになり、ツーリスト向けのレストランではほとんどがインドネシア料理なのです。サヌールの「ブンブ・バリ」では有名シェフによるバリ料理のクッキングクラスも開催しています。 

 

イタリアンに和食、中華、モロッコなど各国料理が勢ぞろい!

バリ島のレストラン11

各国で経験を積んだシェフによる料理を、バリ島プライスでいただけます

いまや世界中の味が勢ぞろいしているバリ島。しかも、母国のシェフが本場の味をきちんと再現した本格派を楽しめるのが嬉しい点です。とくに在住者の多いイタリアや日本はトラットリアや家庭料理など、カジュアルなお店もラインナップ。海外の日本料理店にありがちな天ぷらや寿司、鉄板焼きだけではない、いわば“おふくろの味”的メニューを取りそろえたお店もあるのです。 

バリ島のレストラン7

各国料理が楽しめるバリ島。和食も、王道日本料理ではなく、家庭の味に近いほっと安らぐメニューが

フレンチなどのヨーロッパや、タイ料理や中華の選択肢はいくつもあり、さらにはモロッコ料理など異色の味と出合えることも。もちろん新鮮なシーフードもたっぷり味わいたいところです。

食が合わないと、ストレスとなりがちですが、バリ島ならば、そんな心配は無縁です! 

実際にいくらくらいかかるもの? 食事にかかるお金についてまとめました。ご参考に>>>バリ島での食費、レストラン・食堂の予算
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。