ともに仕事をもつ夫婦が、日常生活を存分に楽しむための住宅を建築家の黒崎敏さんに依頼しました。幹線道路からほど近く、最寄りの地下鉄駅にも徒歩5分という好立地。それでいて閑静な住宅地。長いアプローチの奥にひっそりと佇むこの家の内部には、どんな世界が待っているのでしょうか。


玄関は露地の奥


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
左/駐車場を兼ねた細長いアプローチ。右/伝統建築をイメージさせる木の玄関ドア。


この家の玄関は、隣接する道路から10m近くも奥まっています。車2台が余裕で並びます。しかし間口は3mほどなので、つい気づかずに通り過ぎてしまうのです。迎え入れるように張り出した、杉板型枠打ち放しの無機質なコンクリートの外壁の下で、縦ルーバーの木調の玄関ドアが出迎えてくれます。

◆建築家プロフィールと建築データ