多摩の分譲マンション住まいが長かったEさん。今から1年半前に公園の近くのこの土地を購入して、建築家探しを始めました。そこで出会ったのが荘司毅さんが手掛けた住宅。「しっかりデザインしながらも、やりすぎていないところが気に入りました」。荘司さんの飾らない人柄にも共感して、一家4人が暮らす家の設計を依頼しました。


実はコの字のコートハウス


写真をクリックすると次の写真に進みます
外観
上/北側の縦長の窓から階段が見える。下左/ガレージには手洗いもある。下右/2階の寝室から、リビングの大窓越しに中庭を見たところ。


外側から見るだけならシンプルな四角い家に見えますが、実は2つの建物を階段でつないだコートハウスなのです。東西に長い台形の敷地。その真ん中にクレバスのような中庭を配して、南側からの光を家の中にふんだんに取り入れています。家をぐるっと包む黒い外壁は、防火認定をとった11mmの厚さの焼杉です。

◆建築家プロフィールと建築データ