妊娠27週目までは医療保険に加入可能

多くの医療保険では、妊娠27週(7カ月)までは加入できます。28週(8カ月)を超えると加入できないことがほとんどです。もし、妊娠がわかった後に医療保険に加入したいなら、妊娠27週目までに契約をしておきましょう。

子宮の病気では一定期間、保険金がおりなくなる

妊娠がわかったら正常な出産を願うものだが、帝王切開などの出産の可能性も。その時に利用できる医療保険も準備しておきたい

妊娠がわかったら正常な出産を願うものだが、帝王切開などの出産の可能性も。その時に利用できる医療保険も準備しておきたい

妊娠後に医療保険に加入をすると、前述のとおり、子宮部位の不担保がつきます。妊娠や出産を含む子宮の病気では保険金が支払われないということですね。

多くの保険会社では、不担保期間を1年間としています。妊娠中の出産に関しては、一切保険金が支払われないのでご注意を。

それでも、妊娠中に保険に加入したほうが有利なことがあります。それが帝王切開。もし帝王切開で出産となった場合、それ以降の妊娠出産も不担保になるので、それを避けるために妊娠中に加入をしておくということです。

いかがでしたか? 医療保険は妊娠前に加入するのが一番有利です。健康に自身のある人も、妊娠や出産で体調が変わることもあります。妊娠や出産を意識し始めたら、まずは医療保険の確認をしてくださいね。
【編集部からのお知らせ】
・「家計」について、 アンケートを実施中です!

※抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント
※2022/5/1~2022/5/31まで

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。