GPU自動切り替えが、コンピュータの力をさらに引き出す

NVIDIA Optimus(オプティマス)テクノロジーが採用された製品では、ユーザーが意識することなく、ハイパフォーマンスなGPUと省電力のGPUの切り替えが自動で行われます。

仕組みとしては、NVIDIAがテストしたソフトウェアのリストがあり、このリストをみて、アプリケーションソフトの起動時にハイパフォーマンスなGPUが必要な場合は自動で切り替わります。この切り替わり時は、画面が暗くなったり点滅することなく、ユーザーはそれが切り替わったかどうかもわからない間に最適なGPUへ自動で切り替わります。

つまり、ビデオエンコードする場合は、NVIDIAのCUDAを使い高速にエンコード、終わったら、インテルの内蔵GPUで省電力モードへ。3Dゲームを立ち上げたら、NVIDIAのGPUを使用するモードへ自動切り替え、という一連の動作が全自動で切り替わります。

この技術により、今までは手動で切り替えなければならず、さらに、その操作がわかりずらかったり面倒でやらなかったことが、ユーザーが意識することなくコンピューティングパワーを有効利用できるようになります。

さらに、NVIDIA Optimusに最適化したソフトなら、ソフトの起動だけではなく、ソフト内で実際にGPUを活用した演算をするときだけ切り替えるというような、よりインテリジェンスなことも可能なので、今後のアプリケーションソフトの対応が注目されます。

NVIDIA Optimus機能搭載ASUS製パソコン

NVIDIA Optimus機能搭載ASUS製パソコン


2010年の夏までに50機種の対応機種の発売が予定されているそうです。ASUSは春にこの対応モデルの発表を予定しています。他にも国内メーカーからも登場しそうなので、よりハイパフォーマンスな製品を狙っている方はこのNVIDIA Optimusテクノロジーに注目しましょう。


【関連サイト】
NVIDIA



投資に興味のない未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方限定で受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで。投資に興味のある方からの募集は〆切りました)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月8日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。