アフィリエイトにおいて、商品の売れる、売れないを左右する大きな要素をいくつかご紹介します。今回はサイトの配色についてです。 


サイトの配色が成約率を変える?

サイトの配色はサイトの印象を支える重要な要素です。ここでいう配色は、サイトのイメージカラーのことではなく、色の調和や色合い、デザイン性といった要素のことです。サイトやブログの配色は、広告主サイトやあなたのサイト(アフィリエイトサイト)両方において重要です。やってしまいがちな失敗とともにご紹介します。


目立たせようとする配色は逆効果?

例えば広告主サイトで以下のようなサイトがあったとしたらどうでしょうか。
  • 商品の写真は目立つように周囲を赤い太線で囲まれている
  • 商品名は目立つように赤い大きな文字で記載されている
  • 価格は目立つように青い大きな文字で記載されている
  • 商品説明の中で重要と思われるところは黄色い背景に緑の文字の太字で協調されている
  • ページ上部は黄色い背景に赤い大きな文字で店名が書かれたタイトル画像を配置されている
  • この商品は返品不可等、注意が気が必要だったので、注意書きを今まで使用していないピンクの太文字で明記されている
  • 以上の文字や画像に負けないくらい目立つように、黄緑の背景に紫の文字で「お申込みはこちら」と書かれたボタンを配置されている

いかがでしょう。これだけ列挙しただけでもかなり色使いのきついページであることが想像できます。

上記のようなサイトは、作っていくうちに、目立たせたい場所が多くなってしまい、いろんな色を使ったり、濃い色を使うことでそれぞれに目立たせようとした例です。サイトの作成を会社の専門知識のない社員の方に作らせた場合等、あまりサイト作成を重要視していない広告主に見られる場合があります。

配色が比較的どぎついページであっても、文章が非常に巧みで売上を伸ばしているページもあります。しかし、一般的にはあまり色使いのきついページは好まれず、印象も良くないため、成果が上がりにくくなる場合が多いのです。

サイトマップ例
ページ全体のあちこちがが目立つような配色は逆効果です。