今回は、日本で最も多くの利用者がいる検索サイト、Yahoo!JAPANでの上位表示を狙います。

Yahoo!JAPANのヘルプにある「サイトの順位を上げるには」では、検索順位を上げるための7つの基本的なポイントが書かれています。それぞれ、「全体」「タイトル」「サイトの説明文」「キーワード」「リンク」「画像」「関連ページとのリンク」の7つで、すべてYahoo!JAPAN以外の検索サイト(Google等)でも共通に必要なポイントばかりです。

Yahoo!JAPAN解説ページ
Yahoo!JAPANの解説ページでは、それぞれについて一言ずつ解説がされています。


それでは順に見ていきましょう。


ポイント1 本文にキーワードを含めましょう

ページに文章を書いていく時、キーワードを適度に含めて行くように意識しながら書くと検索エンジン対策からの評価が高い文章になります。ただ、過度に含めると文章自体が読みにくくなりかねないので、適度に含めるようにすると良いでしょう。キーワードを羅列したり、同じキーワードを連続で繰り返して記載したり、文章として成り立たないほどにキーワードを入れるとスパム行為とみなされますのでご注意ください。

また、言葉(キーワード)を安易に略したり、代名詞で書いたりすると、キーワードの量が減ってしまいますので気をつけてください。ポイントは、適度に、普通に書く文章より少し多くキーワードを入れるくらいの気持ちで書くのが良いでしょう。


ポイント2 <title>タグにキーワードを含めましょう

タイトルタグに囲まれた部分に書かれた文字は絶大な力を発揮してくれます。あなたが自分のサイトに最も良いと思うキーワードを考え、それを必ず含みましょう。アクセスアップのために良いキーワードは、検索されやすくライバルの少ないワードです。そのため、一つのキーワードより複合キーワードで狙ったほうが上位表示はしやすいです。

タイトルの書き方一つで検索エンジンでの検索順位は大きく変わります。いろいろなタイトルを試して、上位表示を狙いましょう。


ポイント3 <meta>タグのdescriptionにキーワードを入れましょう

METAタグの「description」を使ってサイトの説明文を入れます。これは、誰かが検索をした時、タイトルの下に表示される文章になりますので、興味を引く文章を入れましょう。ページに何が書かれているかを正確に、興味を引く文章で書きこむのが効果的です。

検索をした人が、この文章をよんで、ついついサイトへのリンクをクリックしたくなるような文章を考え、また、該当キーワードで実際に検索をし、ライバルの書き方を参考にしながら記入すると良い文章が出来上がるかと思います。

METAタグの「description」の使い方は、<head>~</head>の間に下記のように書き込みます。

<meta name="description" content="ここに文章を書き込みます。" />


ポイント4 <meta>タグのkeywordにキーワードを入れましょう

METAタグの「keyword」を使って、そのページのキーワードをリストアップします。キーワードはカンマ区切りで、大切だと思われるキーワードから順に記入していきましょう。タイトルタグ内のキーワードほどの効果はありませんが、「keyword」を書かない理由もありませんから、必ず記入して少しでも検索エンジンの上位表示を狙いましょう。

この際、「筍」「タケノコ」など、漢字と仮名、2種類の漢字での書き方がある等、複数の記載方法での検索が見込まれる場合や、「アボカド」「アボガド」のように誤入力が多いキーワードは、その両方をリストアップしておいたほうが良いでしょう。

METAタグの「keywords」の使い方は、<head>~</head>の間に下記のように書き込みます。

<meta name="keywords" content="ここにキーワードを書きこみます。" />