手取り32万円、生活費29万円、差額3万円

借金の圧縮と家計の見直し。体制が整えば、次は貯金を始めます。もう借金で苦しんだりしない!!

借金の圧縮と家計の見直し。体制が整えば、次は貯金を始めます。もう借金で苦しんだりしない!!

ご主人のお給料、下がったとはいえ手取り32万はあります。生活は子供の学校にかかるお金や希望してやっている習い事などもあり、29万円ほど。差額は3万円。そこから返済金を出すとすると、どう考えても1万5千円は毎月不足しているのです。それを借りれば、毎月1万5千円以上ずつ借金が増えるのです。家計的には節約で解決できるものではないと判断しました。

数年、キャッシングは金利の高いところを使っていたので、弁護士などにも相談し、金利の引き直しをしてもらったところ、借金は減りそうです。減れば返してもいけそうです。そこで、任意整理の提案をしてもらいました。家計的にも、返済が減り、それに節約が伴えばかなり変わっていけそうです。

思いきって、任意整理をしてみて

弁護士に手続きをしてもらい、数ヵ月後に和解通知が来ました。返済が始まりましたが、借金は総額で100万円ちょっと。50万円近く借金が減ったことになります。これを3年で払うので、毎月振り込み料を入れても3万円で足りそうです。

そして、生活費が少しかかりすぎているので、固定費の見直しをし、掃除をしたり、本当に必要なものを考えるなど、貯金体質に変われる練習もしました。その結果、支払いが始まるころには30万の生活費を27万円に落とすことができました。返済をしていても、毎月2万円ずつ貯金できます。

子供の進学などこれからお金がかかることが沢山あるのに、借金ばかりでその準備ができず、すごく不安だったんです、加藤さんは話していました。もう少し早く相談に来ていただけていれば、借金整理をしなくてもすんだのではないかな、と思いますが、まずは貯める習慣もでき、これからはあまり心配ないのではないかと思っています。

最近は、金額の低い借金で困っている人が増えている

少し前とは異なり、最近は借金整理をしなくてもがんばれるんじゃないか、と自分で判断してしまいそうな金額の借金で困ってしまう方が多くなりました。何とかできそう、と思っているうちに、問題が深刻化してしまうようです。たとえお金を借りたとしても、収入で返せなくなったら危険信号。金額によりますが、ボーナスで返済してもう2度と借りないようにする、または返すあてがなければ、早めに相談する、これが良策といえるでしょう。