毎月「ちょっと足りない」。これが返済に苦しい原因に

毎月収入でのやりくりが難しいからと、借入に手を伸ばしてしまうのは、危険ですね。

毎月収入でのやりくりが難しいからと、借入に手を伸ばしてしまうのは、危険ですね。

事例の紹介
加藤由紀子さん(仮名)44歳、主婦
家族構成 夫(45歳)、子供2人(小学生)の4人家族

ご主人の給料が下がる、それが「ちょっと足りない」の原因になりました。この景気の中、経営状況が昨年より悪くなってしまったということで、ご主人のお給料が下がったのです。ボーナスは3分の1カット、残業代も十分でなくなるとか…。
クレジットカードなど手持ちのもののキャッシングでちょっとお金を借りて補う、という事が多くなりました。沢山は借りていません。一度に大体1万円を借りる程度。
そんなにこのキャッシングという借金が膨れ上がるなんて、想像もしていませんでした。

返せない…?

借りるということは、返さなくてはいけないということ。1つのクレジットカードからの借入ですんでいれば、リボルビング払いで毎月1万円を返すだけでよかったのですが。3社のクレジットカードからとなると、毎月3万円は返済しなくてはいけない金額になっていました。ショッピングもしていたので、毎月の支払いは収入の大きな割合を占めることになります。
「ボーナスで返せば0にもどせる」と思い、毎月3万円増えた支払い(返済)を補うために消費者金融へ。昨年度は普通に所得があったご主人です。所得の証明も昨年分が出てくるので、クレジットカード会社分も含め総額100万円を超える額を借りようとしても、総量規制という借入総額の上限に達することはないので、問題なく借りることができてしまいました。

加藤さん、気がついていませんでしたが、これが「まわし」というお金の借り方、使い方です。

だんだん毎月返済している金額が大きくなっている…
 

消費者金融のカードを作り、数年はその1枚で何とか借りては返すを繰り返してきましたが、そのカードも限度額に近づいています。「これが使えなくなったら、また申し込みに行かなくちゃ」と当たり前のように考えてしまいましたが、「いったい、毎月全部の会社分あわせていくら返しているんだろう?」という考えも頭をよぎりました。

そこで、きちんと計算をしてみたのです。そうすると、借りたお金だけでなんと…

クレジットカード会社 3社 120万円
消費者金融 1社 30万円

合計で150万円、毎月の返済は4万5千円にもなります。それにショッピングの代金。これだけ支払っていれば、収入での生活はできないでしょうし、貯金だって難しいです。

この数字を見て、加藤さん自分の危機を自覚しました。そして、新聞に掲載されていた私の記事を頼りに、家計再生を希望して相談に来ました。