利用するには難しい用件を満たさなくてはいけないのか?

WEB上に公開されている、一般的な利用 条件を紹介します。
頼れる制度です。自分を苦しめることにならないよう、公的貸付制度から借り先を選ぶのもいいですね。

頼れる制度です。自分を苦しめることにならないよう、公的貸付制度から借り先を選ぶのもいいですね。


 <利用条件>
  • 失業によって生計の維持が困難
  • 求職活動を行っている
  • 離職した日から2年を超えていない、など
    <内容>
  • 貸付限度額~月額20万円(単身世帯は10万円)
  • 貸付期間~12か月以内
  • 貸付の利率~年3%
  • 貸付金の償還~貸付期間終了後6か月間は据置期間(無利子)。
              据置期間経過後7年以内で償還。
  • 連帯保証人~原則として1名
     

     
    条件等は地域により異なるところもありますので、より詳細を知りたい方は、各都道府県社会福祉協議会またはお住まいの市区町村社会福祉協議会にお問い合わせください。
    (※この資金は、再就職を支援するためのものであるため、貸し付けを受けた世帯は貸付利用を希望する方は期間中に就職し、世帯の自立を図るよう努めなければなりません。)

     

貸金業者の前に

このご時世、この制度の利用者は増えているとききます。
失業し、お金がないので、貸金業者に借りる…という流れは、収入のあてのない人には非常に危険なことです。また、貸金業法の改正により収入のない方は門前払い、などということもありえます。途方にくれ、悲観する前に、情報を様々に集め、再出発への準備を助けてもらえる制度を利用するのも、生きていく手段の一つになります。


投資未経験者限定で、オンラインインタビューを受けていただける方を募集中!
ご応募の際に事前に投資意向調査アンケートにご回答いただきます。
投資に興味がない方から興味がある方まで幅広く受け付けております。
※謝礼は10,000円になります(最大10名まで)

ご協力いただける方はこちらから回答をお願いいたします(回答期限は2021年3月1日15時まで)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。