photo
結婚式が形を変えるのと一緒にその常識も変化している
結婚式の形は、結婚観の変化とともに、年々変化を遂げています。結婚式というもののバリエーションが増えるというメリットがある反面、常識と非常識の境目がわかりにくくなっているというデメリットも生じています。

結婚式とは、新郎新婦ふたりだけのものではなく、儀式という性格や、両家の結びつきという側面があります。そのため、常識という基準がないと、新郎新婦の、または両家の価値観だけが基準となり、平行線をたどる結果にもなりかねません。また、ご招待するゲストに対して、知らずに失礼をしてしまう恐れもあるのです。

そこで、結婚式の変遷を振り返りながら、何が常識で、何が非常識なのかを探って生きたいと思います。シリーズの第1回は、婚約にまつわる結納や仲人についてです。

【CONTENTS】
●結納       2ページ3ページ
●仲人(媒酌人) 4ページ5ページ