打ち合わせ前にはこんな準備を

会場装花ブーケについてお伝えしてきましたが、まずこれだけは準備してほしいというのが、「どんなイメージにしたいか、ですね」と小黒さん。

打ち合わせで上手に希望を伝えるために、雑誌の切抜きなどを持参して、伝えるのが間違いない方法。イメージや色味など、細かいニュアンスを言葉で伝えるのはとても難しいからです。

もちろん、持参できない場合も、フローリストが雑誌や今までの写真で希望を探ってくれますのでご安心を。

また、ドレスの写真は、打ち合わせの必須アイテム。

「ブーケのバランスだけでなく、会場装花を考える時にも参考にするものなので、忘れないようにしてください」

ブーケがこんな感じなら、会場はこんな感じ、というふうに、全体のバランスを取って提案してくれるフローリスト。その判断材料の1つが、ドレス姿の写真というわけですね。


フローリストに聞いた、会場装花やブーケの打ち合わせのコツは、まだまだ続きます。記事「会場装花やブーケの上手な打ち合わせのコツVol.2」では、よいフローリストの見極め方や、新郎の関わり方など、より詳しい内容に触れていきます。


【取材協力】
nardis
 
florist nardis(フローリスト ナーディス)
HP:http://florist-nardis.com/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。