うのさん完全プロデュース!

サーブ
お料理もお飲物もこだわっておもてなし(写真はイメージ)
ピンク好き(?)なうのさんらしく、ピンクのアイテムがいっぱい! 乾杯はピンクのドン・ペリニヨン、4m70cmの背の高いウェディングケーキもピンクの波型のチョコレートに包まれたものと、可愛らしくてハッピーな雰囲気。会場のお花は、かの假屋崎省吾さんが手掛け、バラをたっぷりと使用したこれまた豪華なものだそう。そのバラの量は東京中のバラがなくなるくらいだったとか。

お料理はスペシャルコースで、ドリンクの種類も数多く揃え、誰もが楽しめる内容を心掛けたようです。引出物は中身をこだわって選んだのはもちろんですが、紙袋もうのさん自身がデザイン。おもてなしの要にも、彼女らしさをちりばめています。

進行の中には、だんなさまの西村さんが希望することもきちんと盛り込んだものだったそう。テーブルスピーチでは、西村さんがぜひともスピーチしてほしいと思っていたご友人がくじに当たるまで、数回に分けてスピーチを入れたとか。実業家であるだんなさまの顔もきちんと立てるように考えたのでしょう。

全体的に、うのさんの持つゴージャス、キュートなイメージが表現された雰囲気。彼女のセンスを最大に生かしたセルフプロデュースは大成功だったようです。金額や衣裳の数はちょっと真似できませんが、その考え方のエッセンスは大いに真似してみて下さいね。


★メールマガジン★
最高のウェディングを実現するための準備や段取りに関する情報を、無料で定期的にお届けしています。
登録はコチラから
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。