節約も時間も手に入れるオススメの方法

paper
手作りと会場への注文を上手に使い分けよう
私達には時間はないけれど、少しでも節約したい!というあなたにオススメの方法は、作るのが大変なアイテムは会場に頼んで、それほど大変ではないものは手作りするという方法。

なーんだ、と言われるかもしれませんが、完全なお揃いでないと、という感覚を持っている方、まずはそれを捨てて下さい! でないとできない技なんです。

まず、手作りしやすいのは、招待状やメニューカード。これらは印刷する内容が全て同じです。1度文面を作ってしまえば、後は必要な枚数を印刷する程度ですから、不器用さんでも結構ちゃんとできてしまう、手作り向きのアイテムです。

逆に、席次表や席札は、名前を入力して、間違いがないかを確認して……とかなり大変な作業を伴う上に、ゲストのお名前が入りますから間違いが許されません。こういった大変な作業はプロに頼んでしまうわけです。自分達はチェックを行うだけにすれば、それ以外の準備に時間を使えます。

この方法を取る場合、最初に書いたように、完全なお揃いは基本的にできません。成功の秘訣は、統一感が出やすいデザインを選ぶこと。全く同じデザインでなくても、紙の色や質感を似たものにする、使う書体を同じにする、文字やモチーフの色を同じにするなどで、お揃いのように見えることも可能。上手に選べば、完全なお揃いよりも逆にお洒落かも。


手作りのよさは、自分達の理想にちかいものが作れるところ。2人ができる作業内容や時間配分を話し合ってから、どこまで手作りするかを決めるとよいですよ。頑張ってくださいね!

【ガイド関連記事】
結婚式の招待状 作り方と送り方
席次の作成の決まりごとと上手な作成法

★メールマガジン★
最高のウェディングを実現するための準備や段取りに関する情報を、無料で定期的にお届けしています。
登録はコチラから
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。