鳩や蛇も幸せを運んできてくれる

幸せモチーフ
このイラストは鳩と四つ葉のクローバーの組み合わせ。こんなふうにアレンジしても面白いかも
愛を象徴する動物ではハトがいます。忘れな草を口にくわえたハトは、愛と貞節のシンボルといわれます。忘れな草は先にも紹介したようにこちらも愛のモチーフですから、鳩&忘れな草は幸せモチーフがダブルということになります。

また、変わったところでは蛇があります。蛇というと、日本では気味が悪いものとして敬遠される傾向にありますが、ヨーロッパでは「永遠の愛」を象徴するもの。これは蛇が自分の尾を飲み込んで、丸い輪になってしまうことから転じて、このような意味合いが付加されたとか。ヨーロッパでは愛の証しとして、蛇モチーフの指輪を贈る習慣があったといいます。19世紀にイギリスを統治したヴィクトリア女王も、自身の婚約指輪としてエメラルドのスネークリングを選んだといいます。

人とは違うセンス溢れる装飾を考えているのなら、こうしたヨーロッパの伝統的モチーフを取り入れてみるのも楽しいかもしれません。その際には、どこかでこうしたうんちくをさりげなく説明することがポイント。結婚式の演出は独りよがり、自己満足に陥らないことも大切なのです。

■「結婚式」サイト内での関連記事
ヴィクトリア女王の結婚式に学べ
おもてなし演出でアットホームに
“大人”に見せるキラリ☆テク
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。